外国為替証拠金取引

母の日のプレゼントは花もいいけど、温泉旅行に手紙を添えたらどう?

母の日のCMをテレビなどで放送していると、今も少し反抗期が残っているのか、
昔の母の恩を思い出して込み上げてくることもあり、
何かあげたいという気持ちになりますね。

母の日には赤いカーネーションは定番ですが、
「それをもらってもありきたりで嬉しくないのでは」と言う人もいますが、
そのへんを確認しておきましょう。

母の日のプレゼントって花って嬉しくないかしら?

母の日に赤いカーネーションをもらって、迷惑だという母はあまりいません

花をもらえば誰でも嬉しいです。
まして母の日の感謝の表れですから、やはり喜んでくれます。

ただし、ただ赤いカーネーションをあげればいいわけではないと思います。

スポンサードリンク

本当に母親に感謝の気持ちがあってあげる花ならば、
何を、どうやってあげたら喜んでくれるか考えましょう。

そう、考えることが、思いを馳せることが感謝を深めます。

花を贈るにしても、ただ花束を贈るだけではありません。

カーネーションにしても赤に拘るよりも、
白いカーネーションは、亡くなった母へですから、避けるにしても
相手の好きなピンクとか黄色をいうのもあります。

そもそもカーネーションに拘ることはないです。
花のアレンジメントはお祝いにはとても人気があります。
色とりどりな花をセンス良く飾った花束なら、感激も大きいでしょう。

また、長く枯れない花のプリザーブドフラワーを贈るのは、
感謝の思いが永遠に続くことを象徴していいと思います。

それと、もし母が遠くにいるのだったら、花屋さんに頼むのならば
花キューピットで頼むと、近所の花屋さんから届けくれるので
配送の間に花が傷ついてしまったりという心配もありません。

当日12時までに頼めば、その日に配達をしてくれるそうです。
ただし、母の日は混雑するので、余裕をもって注文したほうが無難です。

 

母の日のプレゼントに温泉旅行をあげたら

カーネーションの花を贈る場合は、

花だけでなくプレゼントを別に用意することも多いです。

プレゼントとして人気のある物はスイーツ、外食・食品、フルーツなど
美味しいものを食べるのは、誰でも嬉しいものです。

スイーツでも、美味しいだけでなく健康にもいい野菜スイーツなんてのもあります。

また衣料品やバッグや靴などや、ホーチやスカーフなど小物でも合えばいいと思います。

およそ予算は3000円~5000円ぐらいが相場のようですから、
予算に合ったいい物を買ってあげてください。

スポンサードリンク

もう少し予算があって1万円~3万円くらいもあればというのですが、
以前、お金があった時のことで、
温泉付きの一泊旅行を贈ったら、母がすごく喜んでくれました。

日頃家事を一生懸命な母が、上げ膳据え膳で過ごせる1泊2日は
温泉を満喫して、天国だったと語ってくれ、あげてよかった思いました。

でも、お金がなくても母の日のプレゼントはできます。

プレゼントは物を考えがちですが、母の日は母への感謝を表すことが大事です。

家事を全部やらせてもらい、母には何も心配することもなく
皆と落ち着いて楽しく過ごす1日をプレゼントすることができます。

遠くに母が住んでいるのならば、会いに帰るのもいいですが、
それが無理なら特に用件がなくても電話をして話をする。

 

母の日のプレゼントには手紙を添えよう!

単に物を与えることだけを母の日のプレゼントとして考えるのではなく、
母への気持ちを伝えることを心がけるとよろしいのではないでしょうか?

若いうちは、親をありがたいという気持ちはあっても
反抗期が残っていたり、照れくささもあったりして

母に対して、日頃の感謝の気持ちを表すのが
しづらいという方が多いのではないですか。

母の日のプレゼントも必要ですが、
母への気持ちを伝えるメッセージが大事です。

もちろん、母の眼を見て、はっきりと

『ありがとうございます』

と伝えればいいのですが、
母自身も、そんなことを言われると、照れくさくて戸惑うかもしれません。

オススメするのは、やっぱり手紙です。

手紙にならば、正直に自分の気持ちを書けますし、
母ももらって嬉しいし、いつまでも残りますから
旅行で温泉をから出て、手紙を読むと
そのサプライズに喜びで泣いてしまうのでは?

こんなCMを覚えていますか?

どうか、母の日にはプレゼントに手紙を添えることを
是非、是非オススメします。

まとめ

母の日に赤いカーネーションを贈るのは問題はありません

ただ、花だけというより、花と別にプレゼントを贈る方が多いです。

プレゼントは、スイーツやスカーフでもいいですし、
奮発して温泉付きの1泊旅行をあげれば最高かもしれません。

でも、お金をかければいいのではなく、
これまでお世話になった大切な母へ対しての
感謝を込めることが大事なのです。

それには、手紙を添えるなどをして、
感謝の言葉をメッセージとして伝えることが
必要だと信じます。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP