外国為替証拠金取引

除湿機とエアコンの比較。衣類乾燥の時間は扇風機で短縮しよう!

梅雨には、雨が降って蒸れて過ごしにくいですね。

やっぱり室内は乾燥しておきたいから、除湿が必要です。
除湿機とエアコンが両方共湿度を下げてくれますが、
その違いはなんでしょうか?

除湿機とエアコンのどちらを買えばよいでしょうか?

スポンサードリンク

除湿機とエアコンを比較して、どちらが梅雨に役に立つのかな?

除湿機とエアコンは、どちらも室温の空気を
それより低い温度の冷却器にあたると
湿気が結露することで、湿度が下がるのは同じです。

でも冷やすときは、必ず一方ではそれ以上に熱くなるのです。
その熱を、エアコンでは室外機から外へ放出しますから
室内は涼しくなるわけです。

ところが、除湿機の場合は室外機はありませんから、
その熱を、また室内に放出します。

ですから、当然室温はエアコンでは下がりますが、
除湿機では上がるわけです。

梅雨に温度が高ければエアコンを使うと
気温も下がって、湿度も下がると快適ですが、
除湿機では湿度が下がるけれど、気温が上がって
不快なことがあります。

梅雨でも気温が低い時はあります。
そういった時は、逆に除湿機の方が快適でしょう。

ところが、除湿機は気温があまり低い時は(14度未満くらい)
コンプレッサーではうまく除湿ができません。

ですから冬場も除湿が必要ならば
デシカント方式の除湿機を使いましょう。
電気代は、コンプレッサー式の除湿機よりかかりますが。

除湿機の衣類乾燥で時間はどれほどかかるのだろうか

梅雨に限りませんが、雨が降って洗濯物を外に干せないときは、
室内に干した洗濯物が早く乾いてもらいたいですね。

スポンサードリンク

除湿機というのは、衣類を乾燥するのにも使えますね。

除湿機で湿度が下がると者は乾燥しますし、
除湿機を運転すると温度が上がりますから
余計洗濯物が早く乾いてくれます。

どれくらいで乾燥するかというと
部屋の広さ、洗濯物の量などでかなり幅がありますが、
早ければ1時間くらいで乾きますが、
通常は3~4時間くらいを考えた方がいいし、
場合によっては8時間とかなり長くなります。

ノンフロン・コンデンス式という方式の
除湿機コンデンスELDというのが
12畳のリビングルームに7枚のシャツを干したら
3時間で完全に乾いたそうです。
http://kakaku.com/article/pr/11/06_kankyo/p2.html

除湿機と扇風機を合わせて使うと効果的なんだ!

除湿機だけで洗濯物を乾かそうとすると
時間がかかってしょうがないと思うのならば

扇風機を合わせて使うと効果的なんですよ。

実は洗濯物が水分が蒸発するばかりだと思うでしょうが
風で水分が吹き飛ばされているのです。

あとエアコンの場合は、通常は部屋を冷やしますから
洗濯物を乾かすのにむいていませんが、

最近の機種では室温を自由に設定し、除湿ができる再熱除湿があります。
通常は室外機で放熱する熱の一部を室内機で放熱するわけです。

ですから、室温を上げながら除湿をできますから、
洗濯の乾燥に使えます。

まとめ

除湿機かエアコンを買いたいと思っているのなら

値段の安い除湿機も十分湿度は取れますし

洗濯物を乾かすのにも使えます。

ただし冷房を考えたらエアコンしかないですし、

再熱除湿がある機種なら、

洗濯物を乾かすのを助けてくれます。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP