外国為替証拠金取引

日傘のuvカットは晴雨兼用で使うのは手入れが効果を持続するのに大事

夏は日傘が欲しいですが、雨が降ったときに晴雨兼用だと助かりますね。

だけど、雨に降られるとせっかくのUVカットの効果が
なくなってしまわないかと心配になりませんか?

それに日傘を長く使うのには、どう手入れをしたらいいのでしょうか?

そのへんの考え方や扱い方についてまとめてみました。

スポンサードリンク

日傘のuvカットは晴雨兼用で使うと消えてしまうのかな?

そもそも雨傘と晴雨兼用の日傘では、どちらも雨が降ったときに
使う物なのでしょうか?

調べてみたら、もともと雨を通さないためにある雨傘と違って
日傘の晴雨兼用というのは、もとは遮光が用途であって
雨は通ってしまうのを、防水加工をしているのですね。

だから、日にちがたつと防水機能が落ちてくるのですね。

特に、激しい雨に降られると雨が漏ったりして
いっきに防水がダメに成ったりしたありませんか?

ですから、晴雨兼用の日傘というのは
急な雨が降ったときに、ちょっと使うというくらいで
使うほうが無難です。

防水加工と同様にUVカットの機能も
雨に降られると、少しずつ低下してしまいます。

よほど激しい雨でなければ、1回でUVカットがなくなる
ということはないですが、効果が薄くなります。

ですから、晴雨兼用というのは、あくまで日傘として使うのを
メインにして、雨は一時的な使い方にするべきなのです。

日傘の晴雨兼用の手入れは、どうすればよいのでしょうか。

晴雨兼用の日傘を長く使うのには、やはり手入れが大事です。

日傘の色は、太陽に照らされるから紫外線で色をなります。
一応、変色がしづらい染色をしてありますが、
ある程度はしかたがないのです。
せめて、使わない時は日光や蛍光灯にあてないようにしましょう。

スポンサードリンク

中性洗剤で汚れを落として、よく水で流してから
風通しのよいところで陰干しをしてあげましょう。
洗剤や石鹸をしっかり落としておかないと、
白っぽくなったり、黄ばんだりしますから注意を!

ちなみに、UVカット加工をしてある日傘の場合は
普通は紫外線吸収剤の溶液の中をくぐらせてありますから、
水濡れや紫外線はもちろん、摩擦にも弱いですから
少しずつUVカットが弱くなります。

ただし、スパッタリング加工、ポリウレタンコーティング、
ポリウレタンフィルムラミネートなどの特殊なUVカット加工もありますが、
それぞれについては、こちらに詳しくは載っています。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1446998374

最後に日傘をしまっておく時は、照明が当たらない、暗い場所に
包装紙やハトロン紙にくるんでしまうといいです。
ただし、ビニール袋に入れてはいけません

日傘のuv効果は、どれくらい持続してくれるのでしょうか。

何年か大事に使った日傘は、UVカットの効果がいつまで持つのか
気になりますね。

「日傘のuv効果は1年限りです!」

という方がいましたが、根拠は特にないみたいです。

どうもUVカットの仕方により違うのですね。

安価はものは紫外線吸収効果のある液体の中に生地をくぐらせる
というUVカット加工で、2~3年で効果が薄くなります。

しかし、効果のある繊維を生地の中に織り込むとか
フィルムによるラミネート加工する等の素材によるものは
半永久的に効果があります。

まとめ

お気に入りの日傘が晴雨兼用だったとしても

あくまで雨に使うのは非常の場合と考えて

日常的に日傘として暑さと紫外線を和らげるために使うようにしたほうが、

長く日傘を使えるようになりますね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP