外国為替証拠金取引

父の日に花ならバラで花言葉は何?ギフトするなら楽天がいいですかね

母の日はカーネーションを贈りますよね。
では、父の日にプレゼントとしてお花を贈るなら何がよいのでしょう。

また、花言葉も気になりますよね。
そして、どのような色の花がベストなのでしょう。

このような疑問を解いておきましょう。

スポンサードリンク

父の日に花を贈るならバラがいいでしょうか?

父の日の花というとバラが定番です
そして、バラの色は黄色のイメージが強いでしょう。
でも、必ずしも父の日の花がバラでなくてもよいのです。

父の日が黄色のバラになったのは・・・
アメリカのワシントン州に住んでいたドット夫人が始まりです。
母の日のことを知り、父の日も作ることを嘆願しました。
そこで、1910年に父に感謝する式典が行われます。

ドット夫人が父の墓の前に備えたのがバラでした。
そこから父の日にバラという由来になりました。

そして、1982年に、父の日黄色いリボンキャンペーン。
イエローリボン・ベストファーザー賞を開催しました。
そこで、父の日と黄色いリボンが結びつきます。

その結果、父の日は黄色いバラとなったのです。
または、黄色い花であればよいとされています。

父の日に贈る花は、黄色や白を基調としたものが多いです。
そこで、父の日に贈る花でバラ以外となると・・・
ひまわりやユリなどがあります。
地域によっては、父の日にひまわりを贈っています。

なので、バラにこだわらなくてもよいのです。
あなたの好みでお花を選んでも大丈夫です。

父の日には花を花言葉も考えて贈りましょう

父の日に贈る花は、花言葉も知っておくことが大切です。
父の日に、バラの花を贈るのはよいですが・・・
色によって花言葉の意味が異なるのです。

では、バラの花言葉をご紹介していきます。
赤のバラは、「愛情」「模範」「情熱」。
黄色のバラは、「友情」「献身」「さわやか」「あなたを恋します」「嫉妬」「不貞」。

スポンサードリンク

白のバラは、「尊敬」「私はあなたにふさわしい」。
ピンクのバラは、「上品」「愛を持つ」「しとやか」
青のバラは、「神の祝福」「奇跡」

他に、父の日にひまわりやユリを贈る場合・・・
ひまわりの花言葉は「憧れ」
ユリの花言葉は「子の愛」となります。

よって、花を贈るときは花言葉に気を付けましょう。

父の日の花はギフトを楽天ならプリザーブドフラワーなんかどう?

父の日に花を贈るならプリザーブドフラワーがよいです。
これなら、花の世話をしなくてもきれいなままです。
特殊加工技術で生花と変わらない美しさを維持できます。

花束や鉢植えだとお世話をするのが大変ですからね。

こういったギフトを贈るなら楽天がおすすめです。
楽天のプリザーブドフラワーにメッセージを入れられます。
楽天の名入れギフトは豊富なデザインがあります。

また、組み合わせが自由です。
そのため、世界で1つのオリジナルギフトを作れます。

父の日に花を贈るときは、メッセージを添えるのが大切です。
手紙を添えても効果大といえます。
そのことで、気持ちをきちんと伝えることができるのです。

よって、父の日は楽天のギフトを上手に活用してください。

まとめ

父の日に贈る花は、赤や黄色のバラが定番です。
でも、ユリやひまわりでも問題がないのです。

花を贈るときは花言葉に気を付けて贈りましょう。

また、花束や鉢植えだと世話をするのが大変です。
そこで、プリザーブドフラワーがおすすめです。

あとは、花に手紙を添えて父の日を迎えましょう。
もちろん父の日にビールを贈るのもいいですが、花も洒落ていますね。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP