外国為替証拠金取引

夏休み自由研究は1年生には簡単なテーマで、代行する部分もあり!

小学校1年生の初めての夏休み!
子供にとっては嬉しい反面・・・
親からすると自由研究をどうしよう・・・
と悩みますよね。

小学校1年生のレベルで自由研究はどういう内容がいいのか
親はどこまで手伝ってあげればよいものなのか。

このような疑問や悩みを解決する策を紹介します!

スポンサードリンク

夏休みの自由研究は1年生には重荷になっていないだろうか?

小学校1年生の夏休みの自由研究!
いくら学校で色々な授業を始めたからといっても・・・
少し難しすぎるのではないのでしょうか

1年生であっても幼稚園の延長となります。
なので、親の手助けが必要な年齢でもあります。
親子で一緒に夏休みの自由研究を楽しめばよいのです。

1年生で夏休みの自由研究をさせるにあたって・・・
本人が興味のあることを調べてみたい!
というのであれば、親も手伝ってあげられます。

でも、本人が夏休みの自由研究は何をすればいいかわからない!
と言われると親は困りますよね。

なので、親は本人がやる気がでるような内容を話しかけましょう。
何に興味を持っているか!何だったら調べてみたい!
と思うかが大切なのです。
そこからやる気を出させて取り組ませることが必要です。

1年生の夏休みの自由研究で多く取り組まれているもの!
それは生物分野です。
なので、植物を観察してみたり・・・
魚や虫を観察してまとめてみるのも一つの方法です。

そこから色々な発見をしてもらいましょう。
もし失敗したとしても2年生でまたチャレンジできます。
失敗は次の課題として取り組むことができるのです。

なので、まずは夏休みの自由研究のテーマを絞りましょう。

夏休み自由研究は1年生には簡単なもので、女の子にもできるように!

1年生が夏休みに自由研究をするなら・・・
テーマは簡単なものが取り組みやすいです。

また夏休みの自由研究は実験が多く・・・
男の子向けが多いように感じますよね。
でも、女の子でも簡単に取り組めるものもあります。

1年生の夏休みの自由研究のテーマに悩んだら・・・
まずは身近なものから始めてみましょう。

例えば、実験と言っても絵の具を混ぜて・・・
何色になるかも立派な実験の一つです。
これなら女の子でも楽しく実験できますよ。

青と赤を混ぜたら紫になる!
という発見が子供にとっては大切なことなのです。
なので、何色と何色は何色になるか!
この発見が子供には大きな成長に変わるのです。

スポンサードリンク

またどうしてもテーマが決まらない・・・
という人は子供にぴったりあう自由研究を探してみましょう。
http://kids.gakken.co.jp/jiyuu/idea_db/742.html

ここには観察や環境調査という内容が盛り込まれています。
なので、好きなテーマがきっと見つかりますよ。

そして、野菜の切れ端を育てるのも楽しいですよ。
http://kids.gakken.co.jp/jiyuu/idea_db/179.html
これなら毎日観察して絵日記をつけることができます。
なので、1年生でも楽しく自由研究ができますね。

他にもテーマとしては・・・

公園などに角砂糖を置いてアリの観察
アリの巣を見つけて、何を運んでいるかを調べる
家の近くにどんな虫がいるかを調べる
植物・野菜があったら、毎日花の数や実の数を調べる
好きな食べ物について調べる(材料は何、調味料は何)
調理をしている工程を写真に撮ってまとめる
スイカを食べたら種の数を調べる

などは参考にどうですか?

これで夏休みの自由研究は楽しくできそうですね。

夏休み自由研究は親が代行する部分があるのはやむを得ないですね!

1年生の夏休みの自由研究は・・・
親が代行することがほとんどです。
親が手伝ってあげないと何もできないのです。

ただし、夏休みの自由研究を代行することはいいのですが・・・
完成度を求めすぎてはいけません
子供が理解をしている範囲内でまとめあげるのが大切です。

よって、パソコンなどを使ってグラフを作成したり・・・
エクセルを使って表を作ることはやめましょう。
子供には定規を使う練習として・・・
手で作成させることが大切なのです。

そのため、夏休みの自由研究というのは!
子供に小さな発見に気付いてあげたり・・・
感動したりすることが大切です。

そこからその結果を子供なりにまとめて・・・
親が代行して完成させてあげることが大切なのです。

子供がまとめて見た目が悪く仕上がったとしても・・・
それはそれでよいのです。
子供が自分なりにまとめているのであれば問題ありません。

親が手伝いすぎることはよくないのではないか・・・
と思うかもしれませんが大丈夫です。
親子合作で夏休みの自由研究を仕上げてみましょう。
先生も親の手伝いがあることはわかっています。

ただし親が独占をしないように、あくまで子供にもやらせるようにしましょう。

まとめ

小学校1年生の夏休みの自由研究は・・・
子供本人には難しいことがたくさんあります。

なので、親が上手にやる気を引き出してあげましょう。
そして一緒に色々な発見や経験をするのです。

また、子供が理解している範囲でまとめてあげましょう。
親が完成度を高めることはよくありませんが・・・
代行してあげることは悪いことではありません。

なので、親子で夏休みの自由研究を完成させましょう。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP