外国為替証拠金取引

夏のお弁当で気をつけることは腐らないような工夫!冷凍も活用して

お弁当暑い季節のお弁当は食中毒がとても心配。
特に幼稚園に通う子供のお弁当作りは大変。

お弁当が傷みやすい季節はどのようなおかずを入れるといいの?
食中毒にならないような対策ってあるのかな?

そこで、夏のお弁当で気をつけることについてまとめました。

スポンサードリンク

夏のお弁当で気をつけることを注意点としてまとめました

夏のお弁当で気をつけることはたくさんあります。
なので、夏のお弁当の注意点をご紹介します。
 
 
1.ご飯やおかずが暖かいままお弁当箱にいれてはいけない
これは、ご飯やおかずが冷めた時に水分がでます。
そのことで菌が繁殖しやすくなるのです。

2.おかずの味付けは濃い目にしよう
味付けを濃くすることによって防腐剤の代わりになります。
濃すぎるのは身体に悪いのですこしにしてください。

3.抗菌シートを入れよう
お弁当グッズに抗菌シートが販売されています。
詰めたお弁当の上に置くだけで衛生対策となります。

4.おにぎりはラップで握る
おにぎりは素手で握るよりもラップで握る用が
菌の繁殖を防ぐことができ、さらに梅をいれると
殺菌効果が期待できます。

5.汁気の多い煮物はよす
水分がおかずを腐りやすくします。

6.置き場所を考慮する
幼児園でお弁当を教室のロッカーに置きっぱなしが多いです。
クーラーはあるかとかロッカーの日当り具合はどうかを
考慮して置き場所を選びましょう。
 
 
このように、夏のお弁当で気をつけることがたくさんあります。
この注意点を守るだけでお弁当の傷みが変わるのです。

食中毒がおきる夏のお弁当の季節だけは注意点を守りましょう。
夏のお弁当を詰めるときに母親が気をつけるということは
子供の健康管理を守るということなのです。

夏のお弁当が腐らないように危険な物は避けましょう!

夏のお弁当で腐らない食材を入れることが必要です。
これを守らないと食中毒の危険性が出てしまいます。

では、夏のお弁当で入れてはいけない危険なものって?
 
 
1.炒飯や炊き込みご飯
ご飯に味付けをしていることによって腐りやすくなります。
そのため、味付けしている具材が混ざっているものはNG。

2.かまぼこやちくわの練り物
夏のお弁当で練り物系は大変傷みやすいです。
そのため、腐らないようにするには一度加熱をしてから
夏のお弁当に入れるようにしましょう。

スポンサードリンク

3.卵
卵は基本的に夏のお弁当に不向きと言えます。
よって入れる場合は完全に火が入っている状態で。
半熟などは絶対にNG。

4.煮物
煮物も水分が多いので夏のお弁当に入れるのは要注意。
水分をきちんと飛ばしてからいれるようにしましょう。

5.生野菜
夏のお弁当は水分が大敵です。
腐らないようにするには一度野菜を茹でます。
そしてキッチンタオルで水分を取り除いてから入れます。

6.マヨネーズを使っているおかず
マヨネーズには卵が入っており夏のお弁当に不向きです。
また、ポテトサラダというのは芋が傷みやすい上に
マヨネーズが入っているので危険となります。

7.肉類も魚も生の部分がある
生のお刺身などはとんでもないですが、
ハムやかまぼこやチーズなどもよく使われますが、
生はやめて火を通して、冷ましてから入れて下さい。

8.保存方法が要冷蔵の食品
冷蔵庫に入れておかないと駄目な食品ですから、夏のお弁当には危険です。
 
 
このように夏のお弁当が腐らないようにするには
生物は絶対に入れないようにしないといけません。
そして、食材をよく選ぶ必要があります。

また、夏のお弁当にレタスを使うよりもシソがおすすめ
これは殺菌効果があり仕切りとしても活用できます。

食中毒の危険性をどれだけ減らすことができるかは
母親の手にかかっているといえますね。

夏のお弁当は冷凍したおかずは保冷剤代わりとして使ってよい

夏のお弁当が傷まないようにするためには
冷凍したおかずを保冷剤の代わりとして使うことができます。
なので、冷凍したおかずがお昼には自然解凍されています。
よって、夏のお弁当が傷む心配が少なくなるのです。

ただし、冷凍したおかずを夏のお弁当に保冷剤代わりとして
使うときは注意点も必要
となります。

1.昼までにおかずが解けていない可能性がある。
2.早く溶けすぎると水分が出て傷みやすい。

そのため、一度実験をして解凍具合を確かめてみましょう。

最近の冷凍食品は自然解凍できるものが多いです。
なので、自分で冷凍おかずを作らずに
冷凍食品の自然解凍を利用するのが大変便利です。

そうすることで簡単に保冷剤の代わりとして
使用することができますしお弁当も美味しいです。

まとめ

夏のお弁当を詰めるときは気をつけることが色々あり
注意点を守ることによって食中毒の危険性を
回避することができます。

腐らない食材を厳選し調理法を工夫することが大切です。
また、おかずを保冷剤として使用したいなら
冷凍食品の自然解凍のものを使うと大変便利です。

これで、無理なくお弁当を詰めて食中毒を回避できます。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

トマト冷製パスタは絶品!簡単なレシピで作って、のびないように保存しよう
自炊は簡単で食費節約! 一人暮らしの料理
キャラ弁も夏には簡単な作り方がいいですね。でも青はどう作ろうか?
休日のお昼:一人暮らしで自炊 おすすめ自炊メニュー!
かき氷機は手動か電動か?ふわふわに作る方法は業務用をレンタルする?
冬瓜はどんな味の料理ができる?レシピはわたや皮まであります!
かき氷シロップの味は同じ?じゃあ自分で作り方を、余ったら用途は
だだちゃ豆は香りと甘味でうまい枝豆です!通販で白山から取り寄せよう
流しそうめんは有名ですが、不衛生だと言う方はそうめん流しを!
非常食何がいい?何日分を用意してますか?賞味期限切れはどうしますか?
そうめんかぼちゃとはレシピ知ってる?栽培するか取り寄せをする?
ニンニクの臭いの原因といつまでも臭わないように対策を!
かき氷のシロップの人気はノンカロリーで賞味期限が長い物です!
蒸かし芋を作る方法は電子レンジと蒸し器と炊飯器がある
おはぎの簡単な作り方は?おいしいのに嫌いなのはカロリーのせい?

Menu

HOME

TOP