外国為替証拠金取引

大地震の前兆の小さい地震?頻度が高ければ前触れと言えそうです!

大地震の前兆は誰もが気になるものです。
どれが大地震の前兆なのかもわかりません。

小さい地震が何度も続くことは大地震の前兆なのでは?
小さな地震が続くと不安だな。

そこで、小さい地震が続くことが
大地震の前兆なのかについてまとめてみました。

スポンサードリンク

大地震の前兆として小さい地震はどうでしょうか?

小さい地震が続くことは大地震の前兆なのか?
と疑問に思いますよね。

小さい地震が続くことは大地震の前兆の可能性もあるのです。
大地震の前兆には前震や余震がたくさん発生します
なので、小さい地震を警戒することは
とても良いことなのです。

何もなかったらそれはそれでよいことですし
常に大地震に備えておくことが必要です。

人間というのは自然に対しては何もすることができません。
でも、大地震のために備えることはいくらでもできるのです。

大地震はとても怖いものです。
なので、自分は大丈夫で行動することはとても危険です。
このような考え方では実際に大地震が来たとき
小さなミスでも死に至ります。

そのため、自分の命は自分で守らないといけないので
いくら小さな地震があったとしても
大地震の前兆と考え備えることが大切となるのです。

大地震は小さい地震の頻度が高ければ要注意とはひとつの目安です

大地震の前兆として小さい地震の頻度が多ければ
要注意のひとつと捉えてもよいです。

東日本大震災のときも3日間で30回を越えるほどの
地震が何度もありました。

大地震が来るときは震度5や4の頻度が高い時は
要注意となります。

大地震が来る時に火災一番怖いのは火災といえますが
津波の影響も非常に怖いものです。
よって、いつどのような大地震がくるかわからないので
色々な対処法を想定しておくことはとても大切です。

スポンサードリンク

このように大地震の備えて小さい地震の頻度が高い時は
何があってもいいように防災グッズなどの
準備をしておくことも大切となります。

大地震は前触れがあるとは限らない!直下型ならいきなりドンです

大地震は必ずしも前触れがあるとは限りません。
確かに小さな地震が続いていることで
いつか大地震がくるのではと予測することはできます。

でも、大地震で直下型となればいきなりドンとなります。
よって、前触れもなく大地震がやってくるといえます。
前触れが無ければ人は皆焦りパニックになってしまいます。

直下型のドンというタイプももしかしたら
前兆的なものはあるかもしれませんが・・・
基本的には無感地震レベルと言えます。
よって、普通の人間の間隔であればいきなりドンとなるのです。

大地震は横揺れ、縦揺れが一度にくる最大クラスです。
そのため、とても怖いものと言われています。

いくら過去の大地震の前兆を調査しても
必ずしもその前触れがやってくるとは限りません。

なので、いつ大地震が来てもいいように
きちんとした防災対策はしておくことが必要となるのです。

まとめ

小さい地震が続くということは大地震の前兆なのかな?
と思う人が多いですがその可能性は十分にあるといえます。
よって、大地震に対しての備えが大切です。

小さい地震の頻度が高い時は大地震の要注意と捉えましょう。
必ずしも小さい地震の頻度が多いからといって大地震が
来るわけではありませんが備えておくことは必要です。

過去の大地震を見ても前触れがあったりそうでなかったり
実際に起こってみないとわからないことが多いです。
よって、大地震の前触れが必ずあるとはいえないと考えましょう。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP