外国為替証拠金取引

子供が歯磨き嫌がる!口をあけないのを工夫しても仕上げはいつまで?

子供が虫歯にならないようにしてあげたい。
でも、子供が歯磨きを嫌がって困っています。
子供が歯磨き嫌がる.jpg
子供が歯磨きで磨き残しが心配だな。
子供が口をあけないときはどうやって磨けばいいの?
子供の歯磨きっていつまで仕上げ磨きをするべき?

そこで、子供の歯磨きの仕方についてまとめてみました。

スポンサードリンク

子供が歯磨き嫌い・・・だから磨き残しが心配だな・・・

歯磨きを嫌がる子供に対して親が神経質になると
もっと歯磨きを嫌がることになります。

親からすれば磨き残しが心配でどうしても
歯磨きをさせてほしいと思いますよね。

1歳から2歳の頃には口の中に虫歯菌が少ないため
親が磨き残しを心配する必要はほとんどありません。
なので、歯磨きを嫌がる子供に対しては
歯磨きを楽しくする工夫が必要と言えるのです

歯磨きを嫌がる理由は子供によって様々といえますが
1.仕上げ磨きが痛かったりすること
2.歯磨き粉の味が嫌いだということ
3.イヤイヤ期ですべてに反抗したいだけ

1の理由は親からすると磨き残しが心配でついつい
真剣にやってしまいがちです。
でも、歯磨きはそんなに力を入れなくていいので加減しましょう

2の理由については色々な味が販売されているので
子供の好きそうな味を探してみましょう。

3の理由についてはそういう時期なので
何をしてもダメなときと判断します。
なので、機嫌を取りながら歯磨きを楽しんでもらいましょう。

歯磨きで子供が口をあけないから押さえつけはやっぱり泣く?

子供の歯磨きをするときに口をあけないことがよくありますね。
あまりにも口をあけないと親も無理やり押さえつけて
余計に泣かせてしまうことがあります。

無理やり押さえつけて歯磨きをしてしまうと
子供はもっと歯磨きを嫌いになってしまいます。
これを繰り返すことによって大嫌いになります。

大人も無理なことを押さえつけられて
やらされると嫌になりますよね。
それと同じ考えです。

よって、泣く子供に対して無理に歯磨きをさせてはいけません
それよりも歯磨きが楽しいことであることを
教えることが先と言えます。

子供が小さいうちは磨くというステップよりも
歯磨きの習慣をつけるという意味で行います
なので、泣くのであれば何をすれば楽しくなるのかを
考えて親子で歯磨きをニコニコとできるようにしましょう

スポンサードリンク

子供に歯磨きをさせる工夫で電動歯ブラシっていいの?

歯磨きをしてくれない子供には色々な工夫が必要です。
中でも電動歯ブラシを使うことはいいことなのかな?
と疑問を持つ親も多いです。

電動歯ブラシを使うことによってメリットは色々あります。
歯磨きを嫌いにならないでやってくれるようになった。
親の仕上げ磨きも必要なく手間を取らないで楽な方法。

電動歯ブラシを子供の歯磨きに使うことは効果的といえます。
お医者さんも乳歯が生えそろっていて子供が
上手に使える年齢であればおすすめしています。

しかし、細かい動作をすることができない子供というのは
正しく使うのは少し難しいため磨き残しや
歯茎を傷つけてしまう恐れもあるといえるのです。

そのため、結論を言えば電動歯ブラシよりも
手で磨くのが一番良いということとなります

でも、手で磨くならどんな工夫をすれば嫌がらない?
と悩み事が出てきますよね。
子供と歌を歌いながら歯磨きをすると子供は嫌がりません。

例えばNHKのテレビで歯磨きの歌と一緒にやると
今まで口を開けてくれなかった子供もテレビに
集中して口を開けて磨かせてくれたりします。

また、you-tubeではみがきのうたのアニメを見せながら
行うと機嫌よく歯磨きをしてくれたりするのです。

なので、歌やテレビはとても効果があるといえるため
このような工夫をして子供の歯磨きをしてみましょう。

子供の歯磨きで仕上げ磨きはいつまで必要?

子供の歯磨きで仕上げ磨きをしないといけませんが
小さいうちは当たり前であっても
いつまで親がしてあげないといけないものなのか
疑問が出てきますよね。

歯医者さんなどでは子供が小学校に入っても
仕上げ磨きをしてあげたほうが良いと言っています

確かに小学校ともなれば歯磨きを自分で出来るように
なってきて仕上げ磨きは必要ではない。
と考える親も多いですよね。

子供の歯磨きで仕上げ磨きをいつまでしないといけない
という規制はどこにもありませんが
夜だけでもやはり磨き残しがあるため
小学生であっても仕上げ磨きをした方がよいのです。

小学生の子供にも仕上げ磨きをしてあげるのは
過保護だという考え方もありますが
虫歯ができて歯医者に通わなければいけないのを考えると
子供の歯磨きで仕上げ磨きはやってあげたほうがいいのです

なので、子供の歯磨きで仕上げ磨きをいつまで?
というのにこだわる必要はありません。

まとめ

子供に歯磨きの習慣をつけさせるのはとても大変なことであり
色々な工夫も必要となってきます。
子供が嫌なことを無理にやってしまうと余計に嫌いになりますので
親子で楽しく歯磨きをできる習慣を一から作っていきましょう。

また、仕上げ磨きもとても大切なことであり
小学生に入っても夜だけはやってあげるのがベストです。

これも子育てのステップだと思って
気負いせずに楽しく頑張りましょう。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP