外国為替証拠金取引

お中元をマナーで親にも必要?義両親に止める時にはどうする?

今年もまたお中元の季節が来てしまった。

お中元のマナーとして両親や義両親に贈る必要はあるの?
もし、やめるとしたら急にやめても大丈夫?

そこで、お中元のマナーで両親や義両親に贈る必要が
あるのかまとめてみました。

スポンサードリンク

お中元のマナーとして両親に贈る必要はあるの?

お中元のマナーとしては日頃からお世話になっている人
目上の方へ贈るものであり感謝の気持ちを品物として贈ります。
原則としてお返しは不要でありお礼状を速やかに出せば大丈夫です。

お中元のマナーで贈る相手は親戚や上司、仲人、取引先
習い事の先生が一般的と言われています。
よって、両親については特に贈らなければいけないわけではありません

また、親子間であっても考え方の相違があり
儀礼を存じている家庭もあれば普段から感謝の形としている家庭もあり
結婚をして他家に入る女性はとても悩むところといえます。

なので、家々によって異なるものですので
決まりはありませんし風習に従えば大丈夫
です。

お中元は義両親にも贈らないといけないの?

結婚を機にお中元を義両親に贈り始めた人は多いでしょう。
本音を言えば面倒ですが一度始めてしまうと止められないものです。

また、お中元を義両親に贈っている人の理由としては
年に1~2回しか会う機会がないから贈っている人もいます。
他に、帰省した時にお米や野菜など色々なお土産を
持たせてくれることからお礼として贈る人もいるのです。

とはいえ、先程両親にお中元を必ず贈らなければ
いけないわけではないと述べましたので
もちろん義両親に対しても必ずお中元を
贈らなければいけないわけではありません

しかし、嫁の立場からすると
やはりお世話になっていることも考えて
贈ってしまう人が多いと言えます。

スポンサードリンク

また、義両親に贈るお中元の相場は3000円から5000円です。
なので、この範囲で老舗百貨店の物を贈れば間違いありません。

もし、義両親にお中元を贈って
「来年からはいらないからね」と言われたら
もちろん止めても大丈夫ですよ。

お中元を止めるポイントは?

お中元はお金もかかるし、どうせなら止めたいと
思っている人はとても多いです。

でも、お中元を止める方法がよくわからないから
ずっと贈り続けている人もいます。

義両親からするとお中元やお歳暮のやり取りがあることで
交流をしていると思っている人も多いです。
そのため、まずは両親や義両親に相談してみましょう。

義両親に相談する内容としては
「結婚して3年が立ち、お互いに気持ちも通じ合えたと思います」
「なので、これを機にお中元を止めて電話や手紙にしませんか」
こういう話がすんなりできる間柄になっていれば
そうすることでお中元を止めることができます。

また、両親に相談する内容としては
「お中元は親子でやったら他人行儀の感じがする」
「誕生日とかのイベントはやるけれどお中元はいらないのでは?」

こうすればお中元などを止めることができ
誕生日や母の日、父の日だけにすることができます。

あとお中元を止めるポイントとして
「結婚してから3年」がキーワードです。
3年を目安にやめることができるので
このタイミングを逃さないようにしておきましょう。

まとめ

お中元は両親や義両親に必ず贈らなければいけない
というわけではありませんでしたね。

とはいえ、結婚を機に今までお世話になった気持ちを
贈り物として表すことはいいことだと言えます。
ここまで立派に育ててくれた両親に少しでも感謝の気持ちを
表して日本の風習に慣れ親しむのもいいかもしれません。

でも、本音は金銭的なことを考えると止めたい人も多いので
止めるときはきちんと相談をしてお互いが納得したうえで
止めるようにしましょう。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP