外国為替証拠金取引

母子家庭・シングルマザーに助成金と減免・減税は何がある?

母子家庭は経済的に苦しいことがとても多い。

母子家庭で子供を育てていく場合
国や地方から何か助成金などの援助はあるのかな?
減免や減税とかもあるのかな?

そこで、母子家庭で援助してもらえるものについて
まとめてみました。

スポンサードリンク

母子家庭には助成金や手当金がある!

母子家庭には様々な助成金や手当金があります。
なので、もらえるものはもらっておかないと損をしますよ。
そこで、ここからは母子家庭でもらうことができる
助成金や手当金をご紹介します
母子家庭
児童手当
日本に住んでいる0歳から中学校卒業までの児童がいると
児童手当が受給することができます。

・児童扶養手当
地域によって支給される金額は異なりますが子供の養育に
関する手当のことです。

児童育成手当
18歳までの児童を扶養するにあたってひとり親家庭が
受給することができる制度です。

所得を満たすことによって遺族年金や児童扶養手当と
一緒に受給することもできます

特別児童扶養手当
20歳以下の子供で身体や精神に障害がある場合に福祉の促進を
測るために支給されている制度で等級により金額が変わります。

ひとり親家族等医療費助成制度
子供が18歳まで受けることができる制度であり
母子家庭の福祉の増進に寄与することが目的です。

乳幼児や義務教育就学児の医療費助成
乳幼児や義務教育就学児の医療費を助成するもので
対象年齢を拡大したり自己負担を撤廃するなど
内容が充実しています。

ひとり親家庭等医療費助成制度(マル親)
マル親は東京都の制度でありひとり親家庭で
子供を養育している場合医療機関を受診すると
自己負担割合が1割となるものです。

所得に応じては負担しなくてもよい場合もあります
申請をすることでひとり親医療証が交付されるので
手続きをしてみましょう。

母子家庭住宅手当
20歳未満の子供を養育している母子家庭は月に1万円以上の
家賃を支払っている場合に適用する助成制度のことです。
また、収入で判断される制度のため確認が必要です。

生活保護
自力で生活をすることができるように支援する制度であり
経済的な生活困難者に適用されます。

遺族年金
遺族年金の支給額というのは社会保障制度や家族構成によって
受け取る金額が異なりますので確認をしておきましょう。

就学援助
義務教育は授業料が無料ですが、就学時は色々な費用が発生します。
そこで、学用品費、通学費、修学旅行費、体育実技用具、給食費
医療費、宿泊校外活動費の一定額が申請すると支給されるのです。

よって、これらの助成金や手当金を申請できるものは
しておき上手に活用できるようにしてください。

母子家庭だと減免や減税はあるのかな?

母子家庭ですと公共料金が減免されたり
本来支払うべき税金も減税されることがあります。
なので、減免・減税の支援制度をご紹介します

国民年金や国民健康保険
会社勤めでしたら自動的に社会保険に加入しますが
パートやアルバイトの母子家庭となれば国民年金を支払います。
でも、国民年金は減免や免除があるため申請することが可能です。

しかし、将来もらえる年金額が減るため注意が必要となります。
そして、国民健康保険は所得が低いときや
保険料の支払いが難しいとなると減免になる可能性が高いです。

所得税や住民税
所得税や住民税は一般の家庭であっても支払うのが大変です。
よって母子家庭にすると大きな負担になるため減免にできる
制度があるので問い合わせて確認してみましょう。

所得に関しては寡夫控除や寡婦控除もあります。
これは配偶者が亡くなった後に再婚をしないで子供を
育てている場合の所得控除です。
男性が寡夫控除で女性が寡婦控除となります。

スポンサードリンク

保育料の免除や減額
収入に応じて保育料の免除や減税をすることができます。
制度は自治体によって異なるため
お住まいの市区町村役場に確認をしてみましょう。

公営住宅
母子家庭で生活困窮している場合、優先して入ることができる入居制度です。
順番待ちや抽選など地域によってやり方が異なるため確認してみることが大切です。

交通機関の割引
母子家庭であれば交通機関の利用をするときに割引が適用されます。
割引率や条件は地域によって異なるため各交通機関に確認しましょう。

上下水道料金の割引
母子家庭ということで水道料金を割引してくれる制度ですが
地域によってはこの制度を設けていない場合もあるため
水道局に確認をしてください。

粗大ごみ処理手数料の減免
母子家庭の人は粗大ごみの処理手数料が減免させる制度があります。
よって、市区町村の粗大ごみ窓口に確認をしてください。

この他にも母子家庭は貸付と利息の優遇もあるのです。
子供の義務教育が終わると高校や大学に進学しますが
そのときに大きな資金が必要となります。

よって、母子家庭でも貸付を有利な条件で
借入することができるため制度は知っておいた方がお得です。

母子福祉資金貸付金
利息なしまたは低金利で公的機関から貸付を受けることができます。
自治体によって貸付金の種類が異なりますので問い合わせください。

非課税貯蓄制度(マル優)
元本が350万円までの預金の利息が非課税になる制度です。
金融機関に問い合わせて確認をしてみてください。
通称マル優といいます。

福祉定期預金
遺族基礎年金受給者や障害基礎年金が利用できる
定期預金のことで通常よりも高い利息が受けられます。

よって、知らなかった制度があり手続きを
していないのであればこれから行いましょう。

母子家庭の実情・・・その原因は?

日本の1世帯の平均所得金額は537万円に対して
母子家庭の平均収入は223万円というのが実情
です。
よって、経済面で厳しい生活を送っている世帯が多いといえます。

そして、母子家庭に対しては国や自治体で経済的援助を
様々行っています。

ですが、せっかく様々な制度があっても
あまり広く知られていないのが実情
です。

そのため、多くの母子家庭が経済面や生活資金などで
悩み続けていると言えます。

女性は男性よりも収入を多く得ることができません。
その原因としては子供がいることで
フルタイムで働くことが難しいのが実情です。

子供が小さければ小さいほど手がかかりますし
病気にもかかりやすいです。
そのため、仕事に集中することができないため
経済的に苦しい状況になってしまうといえます。

これらの原因を改善するためにも国や自治体が
色々な制度を準備している
と言えます。

そのため、原因を解決するためにも制度をより上手に活用することで
経済的に余裕がある生活とまではいきませんが
少しでも生活の一助になることは間違いありません。

よって、子供の成長に合わせて
母子家庭が受けることができる制度を利用していきましょう。

あと、離婚によって母子家庭になる人の場合は
保険の手続きが重要
です。

契約者の変更をする場合は現在の契約者との手続きが必要です。
そのため、離婚の前に次の保険は手続きを済ませておきましょう。

・夫の死亡保険
・妻の死亡保険
・子供の学資保険

これを手続しておけば離婚後はスムーズに
生活を送ることができます。

まとめ

母子家庭で子供を一人前の大人に育てるためには
たくさんの費用がかかり経済的にも苦しいことがたくさんあります。

そこで、国や自治体が行っている制度を利用することは
少しでも家計のためになり、子供のためにもなるのです。

よって、利用できるものはすべて利用し
生活のために使うべきと言えます。
毎日子供と笑顔で暮らせるように頑張ってください。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP