外国為替証拠金取引

留守の空き巣対策は?連休中の長い旅行に行くときは?

家を留守にする機会が多いから空き巣がとても心配。

空き巣の対策ってどういうのがあるのかな?
自分でも簡単に対策をすることはできるのかな?
必ずやっておいたほうがいいことは?

そこで、空き巣対策についてまとめてみました。

スポンサードリンク

家を留守にするから空き巣対策はどうすればいい?

普段から家の戸締りをして家を留守にしますが
戸締りだけでは空き巣対策とはいえません

空き巣被害にあう時期というのは長期休暇の時が多いです。
また、普段であっても家を留守にしがちだと
どうしても入られてしまう可能性が高くなります。

そこで、空き巣被害にあわないように
家を留守にするなら防犯対策をすることが必要になるのです。

空き巣の簡単な防犯対策としては
郵便受けに気をつける必要があります。
郵便物がたまっていることで郵便物を盗み取られてしまう
可能性が高いと言えます。

そして、郵便物がたまっていることは
家を留守にしているサインとなりますので
空き巣に入られる可能性が出てしまうのです。

よって、知人や近所の人で信頼できる人にお願いをして
長期間家を留守にするのであれば郵便物や新聞を
回収してもらう
ようにしてください。

長期間旅行に行くときの空き巣対策は何がいい?

長期間旅行に行くとなると、いつも以上に家を空けることにあります。
そのため、家の中はいつも暗く変化のない
静まり返った部屋なので空き巣のターゲットとなりやすいです。
そのため、長期間旅行に行くなら以下のことをしておきましょう。

・部屋の整理整頓をしておく
・留守番電話にしておかない
・リビングの電気をつけたまま

これらを行うことで空き巣被害にあう可能性が少しでも
低くなると言えます。

始めに、部屋の整理整頓についてですが
屋外に出ている工具や脚立などは屋内に入れておき
エアコンの室外機や給湯設備をきれいにしておきましょう。
そして、落ち葉なども片づけ外観をきれいにしておくのです。

他にもゴミ箱や段ボール、雑誌類も屋内に入れます。
空き巣が侵入した時の証拠が残るようにしておくことが
ポイントといえます。

次に、留守番電話についてですが
今現在留守にしていることがわかってしまうため
留守番電話は設定せずに携帯電話で受信できるように
しておくことで空き巣の対策
になります。

スポンサードリンク

最後にリビングの電気をつけたままにすることは
誰かが家の中にいるように見せることができます。
そのため、照明用のリモコンがあると大変便利です。

毎日決まった時間に照明をオン・オフにしてくれる
ものがありますのでこれを使うと便利
です。

そのため、旅行に行く前はこれらを実践するようにしましょう。

空き巣の防犯グッズは補助錠?窓の対策は何がある?

空き巣被害にあわないように玄関の鍵に
防犯グッズで補助錠をつけましょう。
空き巣は手間と時間がかかることを大変嫌がります

防犯グッズの補助錠がついていることで手間と時間が
2倍以上かかるというわけです。
そのため、空き巣に狙われにくくなるといえます。

玄関についている鍵とタイプの違う補助錠を取り付けることで
完全にとは言えませんが空き巣被害にあう確率は減ります。
 
 
また、窓にも防犯グッズの補助錠はつけてください。
空き巣は玄関から必ず入ってくるわけではありません。
窓からの侵入も考えられるのです。

そして、窓の防犯対策としては防犯フィルムをつけ
ガラスは防犯ガラスに変えるのが有効的です。

ここまで行う時間が無いという人の場合
窓のガラスは防犯グッズでなくても飛散防止フィルムでも
十分対応する
ことができます。

あと窓のサッシは窓枠がはずれないことを確認してから
鍵にカバーをかけましょう。

どうしても自分で防犯グッズを使って対策をしても
不安だという人は短期間であっても
SECOMと契約をするのがよいでしょう。

SECOMのシールを貼っているだけでも空き巣対策になります。

まとめ

空き巣被害にあうかは誰も予測できるものではありません。
そのため、普段から対策をしてことが大切になってきます。

最近では色々な防犯グッズが販売されているので
自分でも防犯対策を手軽に行うことができるようになっています。

とはいえ、自分ひとりの力では不安なことも多いですし
何か見落としていることも出てきたりするものです。
結論を言えばSECOMと契約をした方が安心できるといえます。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP