外国為替証拠金取引

結婚式のグローブは外すのがトラブルにならない?いっそつけない方が!

結婚式を挙げることになりウエディングドレスを着ます。

ウエディングドレスでグローブもセットになっているけれど
これは必ずつけなくてはいけないものなのかな?
白以外のグローブをつけることもあるの?

そこで、結婚式でウエディングドレスを着るときの
グローブについて
まとめてみました。

スポンサードリンク

結婚式でグローブを外す時って、どうするのだろう?

結婚式でグローブをするのは教会の神聖な式のため
肌の露出をなるべく少なくするため
なのです。
そのため、花嫁はグローブをしています。

結婚式でグローブを外す時は指輪交換の時です。
ロンググローブはどうしても外すのにもたつきやすいです。

結婚式でグローブは何度か外すときがあるため
ネイルはきちんと行っておきましょう

結婚式でつけているグローブは披露宴になると
外す人が多いです。
また、披露宴はフィンガーレスグローブにしている人も多く
披露宴中もグローブをしたままでも大丈夫
です。

これで、結婚式でグローブを外すタイミングがわかりましたね。
また、外す時にもたつきたくない人は
グローブも色々と種類があるので使いやすいものを選びましょう。

結婚式のグローブの色は白?黒やピンクはどうだろうか?

結婚式でつけるグローブの色は必ず白でないといけないのか
白いウエディングドレスに黒やピンクはだめなのかな?
と疑問を持つ人もいます。

結婚式は神聖なもので神様の御前で
永遠の愛を誓う儀式なのです。
よって、フォーマルな白の衣装を臨むのが当然と言えます。

そのため、結婚式ではつけるグローブは必ず白です。
黒やピンクというのは披露宴でカラードレスを着るときに
つけてよいもの
です。

スポンサードリンク

披露宴では白以外のドレスを着ます。
そのドレスの色に合わせて黒やピンクのグローブを
選択することは問題がありません

しかし、カラードレスを着るときはグローブなしの人もいます。

そのため、披露宴でカラードレスを着るときは
グローブをどうするか選択してください。

結婚式に呼ばれてもグローブはつけないで、預けます

結婚式に呼ばれたときグローブを身に付けることですが
花嫁がグローブをつけているためマナー違反
になります。
他にも、白のワンピースやティアラなど
花嫁が使用するもの、色は身に付けてはいけません。

よって、オフホワイトのものであっても
結婚式には不向きな色となります。
結婚式に出席するときの服装は基本的に白以外のものを
身に付けることがマナー
と言えます。

そして、結婚式に出席する人が身に付けるグローブは
あくまでも防寒具の分類に入り、帽子やマフラー
コートと同様の扱いになるのです。

そのため、会場内にグローブをはめたまま
出席しないように
してください。

結婚式に出席するときはグローブをクロークに
預けてから会場に入りましょう。
会場に着くまでの間、外ではめているだけなのであれば
グローブをはめていても問題ないです。

まとめ

結婚式でグローブをはめることは神様の前で
永遠の愛の誓いをする神聖な儀式なので
白のグローブをはめるのが一般的です。

披露宴になればグローブを外してもいいですし
白以外のグローブをはめてもいいのです

グローブは不要と思う人も多いですが
結婚式の間は神聖な儀式なので
マナーとしてはめるようにしてください。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

お盆の新幹線混雑予想!予約で指定席かグリーン席を!自由席なら・・
結婚式招待状の返信に子供連れと書いてあった時の断り方は?
よさこい祭りは8月10日。駐車場は?阿波踊りより盛ん?雨だけは負けます!
恵方巻きで願いが必ず叶うにはどうするの?願い事の数と食べ方は?
地蔵盆とは京都だけが8月24日にやる行事ではありません!
天神祭は毎年7月24日と25日。場所?花火は?船渡御を市民船で無料!
平塚の七夕祭りは屋台が豊富!車は無料駐車場があるが電車がオススメ
レストランウエディングでご祝儀の相場は?料理は満足できる?
浄土真宗本願寺派で初盆に提灯の家紋入り?提灯代の相場は?
レストランウエディングは着替え場所は?ホテルしか着替え場所がない!
結婚式招待状が来た妊娠中の私は出席するのか欠席するのか?
結婚式招待状で欠席を返信でもらうとショックが大きいです(泣)
最悪の結婚式は友人のおかげで修羅場に!最後は破綻する?
リゾートウェディングを沖縄での費用は?打ち合わせは後悔がないように!
結婚式費用が増加!交渉術と節約術で削り、クレジット払いも使おう

Menu

HOME

TOP