外国為替証拠金取引

ハロゲンヒーターは暖かくないし破裂して事故の危険性もあるって本当?

暖房機器としてハロゲンヒーターを購入しようかな。

でもハロゲンヒーターは暖かくないと聞いたことがある。
電気代も高いのかな?
事故の危険性はどうなんだろう?

そこで、ハロゲンヒーターの特徴について調べてみました。

スポンサードリンク

ハロゲンヒーターは暖かくないって本当?

ハロゲンヒーターは暖かくないのではないか
と言われたりすることが多いですが
これは部屋全体を暖かくしたいときに不向きということです。

よって、ハロゲンヒーターは暖房機器として
暖かくないというわけではなく誤った使い方をすることで
暖かくないと感じることになるのです。

また、ハロゲンヒーターを誤った使い方を続けることで
消費電力が大きくかかってしまい不平となります

なので、ハロゲンヒーターの正しい使い方としては
ハロゲンランプから暖かいのを感じるので
長時間机に向かったりするときなど動き回らずに
人体に直接熱を放射される状態で使うのがよいのです。

ハロゲンヒーターは事故の危険性がある!!

ハロゲンヒーターの熱源はハロゲンランプですが
これが寿命になると破裂する危険性があるランプです。
そのことで事故につながるケースが増えています。

また、ハロゲンヒーターが埃や汚れによる事故の危険性もあります。
ハロゲンランプに埃や汚れがあることで熱によって
発火につながることになるのです。
そのため、定期的な清掃が不可欠と言えます。

このように、ハロゲンヒーターは火災などの事故の
危険性があるものだと認識しておくことが大切です。
そして、高熱を発する電気器具のため近くには可燃物を
置かないようにしないといけません

火災の事故の他にはやけどなどを起こした事例もあり
取扱いに注意が必要となります。

これで、ハロゲンヒーターの危険性に
どのようなものがあるのかわかりましたね。

スポンサードリンク

ハロゲンヒーターと遠赤外線ヒーターの違いは?

ハロゲンヒーターと遠赤外線ヒーターの違いは
一体何だろうと感じる人は多いです。

ハロゲンヒーターと遠赤外線ヒーターの違いは
放射している赤外線の波長の違いとなるのです。
そのため、ハロゲンヒーターは近赤外線を中心に放射し
遠赤外線ヒーターは遠赤外線を中心に放射しています

どちらも物を直接暖めることができるものですが
近赤外線のハロゲンヒーターよりも遠赤外線ヒーターの方が
効率的に物を暖めることができる
のです。

これは、水分子の光吸収スペクトルの違いで
人体の場合は多くの水分が含まれているので
遠赤外線の方が、吸収率が高いためなのです。

ハロゲンヒーターで暖房をすると電気代はいくらになる?

ハロゲンヒーターを暖房として使用するとなると
電気代が気になりますよね。

暖房機器でエアコン以外の消費電力というのは
熱を発生する量に比例するため
ハロゲンヒーターを1日8時間30日900wで
使用するとなると電気代は5000円ぐらいとなります。

ハロゲンヒーターを暖房として使うのであれば
トイレなどを使用するときに瞬間的に暖めたり
お風呂の脱衣所など一瞬寒い時に使用するのがおすすめ
です。

ハロゲンヒーターは広範囲には不向きの物なので
広範囲で暖房として使用していると
無駄に電気代ばかりを消費してしまうことになります。

よって、正しい使い方をして上手に取り入れるとよいのです。
これなら電気代も大きく変わることはないといえます。

まとめ

ハロゲンヒーターの特徴としては広範囲の暖房として
使用するのではなく瞬間的な暖かさが欲しい時に
使用するもの
と言えます。

そうしなければ無駄に電気代がかかってしまい
効率が悪いといえるのです。
また、ハロゲンヒーターは事故の危険性もあることを
把握しておくことがとても大切です。

正しい使い方を知っておけばこれから
上手に暖房機器として利用することができます。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP