外国為替証拠金取引

カーボンヒーターとは芯が暖まり、電気代も意外と安いし価格も安い!

お部屋に暖房機器が欲しいと思っている。

暖房機器はどれが暖かくて省エネでおすすめなのかな?
カーボンヒーターとハロゲンヒーターの違いって?
カーボンヒーターのメリットって?

そこで、カーボンヒーターの基本についてまとめてみました。

スポンサードリンク

カーボンヒーターとはどんな時に有効なのかな?

暖房機器には色々な種類がありますが
カーボンヒーターとは一体どのような暖房機器?
と疑問を持つ人もいます。

カーボンヒーターとは電気ストーブの一種です。
発熱体に炭素繊維という物質がつかわれているものです。

カーボンヒーターは電気ストーブだとわかったけれど
どんな時に有効なのか知らない人も多いです。

カーボンヒーターとは即効で効率よく体を温めることができる
電気ストーブで、身体の芯からポカポカになれる
のです。
また、屋外でも使用することができます。
なので、天候が悪くても問題なく暖が取れるのです。

あとは、デスクワークで足元が寒いと感じるときに
カーボンヒーターがとても便利
です。

ただし部屋を暖めたいというような時にはカーボンヒーターでは無理
ファンヒーターやエアコンを使うようにしましょう。

ですから、自分だけが暖まりたい時に使えば有効です。

カーボンヒーターはハロゲンヒーターより優れているって本当?

カーボンヒーターはハロゲンヒーターよりも
優れていることがたくさんあります。

カーボンヒーターとハロゲンヒーターの違いは発熱体です。
カーボンヒーターは炭素繊維が発熱体で
ハロゲンヒーターはハロゲンランプの光です。

炭素繊維の遠赤外線放射量はハロゲンヒーターの約2倍で
カーボンヒーターの方がハロゲンヒーターよりも
速く暖まり体の芯まで暖めてくれます

なので、寒い時に速く体を温めたいと思っている人は
カーボンヒーターがおすすめ
というわけです。

スポンサードリンク

カーボンヒーターの電気代って本当に安いの?

カーボンヒーターの電気代はハロゲンヒーターに比べると安いです。
一般的なハロゲンヒーターは強1000w前後です。
同性能程度のカーボンヒーターは強600w~500w程度です。
消費電力が少ないので電気代がもちろん安いと言えます。

1kwhを24円で300wのカーボンヒーターの電気代を計算すると
1時間あたり7円20銭くらいとなります。

1日8時間使用して30日使ったとすると
300w 1728円となり600w 3456円となります。
消費電力が上がって900w 5184円、1200w 6912円となります。

これでカーボンヒーターを使った時の電気代がわかりましたね。

ただし部屋全体を暖かくしたいなど、誤った使い方をすると
電気代はかかるわりに暖かくならないということになります

カーボンヒーターの価格は手頃でかなりあるが、高い物もわけがある

カーボンヒーターは色々なデザインのものがあります。
また、消費電力の違いによっても価格が異なります。
なので、消費電力が少ない250wの
カーボンヒーターは3000円程度で購入することができます

また、250wから1000wの4段階切替をすることができる
カーボンヒーターになると2万円を超えるのです。
よって、カーボンヒーターは3000円から2万円まで
価格は幅広いと言えます。

消費電力を切替して使いたい場合は
高めのカーボンヒーターとなりますが
消費電力の機能が一つだけでいい場合は
手軽に購入できる値段なので自分の用途に合わせて購入しましょう

まとめ

暖房機器のおすすめはカーボンヒーターです。
ハロゲンヒーターよりも効果は高く、電気代も安いです。
なので、メリットが大きいと言えます

カーボンヒーターは3000円台から購入することができ
消費電力を切替するとなれば2万円台もあります。
そのため、自分の生活スタイルにあった
カーボンヒーターを購入してください。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP