外国為替証拠金取引

オイルヒーターとは消費電力が多いけれど、使い方次第で優れ物です!

暖房機器でオイルヒーターを使おうか悩んでいる。

オイルヒーターのメリットやデメリットって何かな?
自分の部屋にオイルヒーターは合うのかな?
有効的な使い方とかってあるのかな?

そこで、オイルヒーターの基本を調べてみました。

スポンサードリンク

オイルヒーターとはどんな仕組みで動くのかな?

オイルヒーターという名前は知っていても
実際にオイルヒーターとはどんな暖房機器?
と疑問を持っている人もいます。

オイルヒーターというのは密閉されているオイルを暖めることで
金属製の放熱板から放熱させることで室内を暖めてくれるものです。

エアコンは温風を出して空気を暖め
石油ファンヒーターとは基本的に暖め方が異なります。

オイルヒーターとは火を使わずに温風も出さないので
とても身体に優しい暖房機器と言える
のです。

なので、オイルヒーターの特徴としていえることは
空気が汚れなく部屋を乾燥しにくいこと
やけどや火事の心配がないのでお年寄りやお子様向け
オイル交換がいらないこと
です。

オイルヒーターの仕組みって意外と知られていないことが多いです。
そこで、オイルヒーターの仕組みをご紹介します。

オイルヒーターの仕組みはまず電気の中のオイルをあたためます。
そして、オイルが回って次にパネルをあたためます。
パネルから放熱することで部屋全体をあたためるのです。

このオイルからパネル、そして放熱までに
30分から1時間かかりますのでそれを計算して
使用しないといけません。

また、部屋全体を暖めてくれて火事ややけどの心配がいらなく
とっても便利な暖房機器と感じる人も多いですが
消費電力が大きいため電気代はかさみます

オイルヒーターの消費電力っていくら?エアコンより高いの?

オイルヒーターの消費電力は多いというけれど
消費電力で電気代を計算するといくらくらいになるのか
また、エアコンよりも高く電気代がつくのか
疑問を持っている人は多いです。

オイルヒーターの消費電力を計算してみると
1000wで24時間、30日間使ったとしましょう。
仮に電気料金を28円として計算すると20,160円です

これだとエアコンよりも消費電力が多く
電気代はエアコンよりも高くついてしまう
といえます。

エアコンというのは、熱を移動させる機械のため
消費電力以上のエネルギーを利用して暖房することができるのです。
よって、電気代を視野に入れてオイルヒーターを
使うのか検討することが必要
です。

スポンサードリンク

オイルヒーターの有効な使い方とは!

オイルヒーターは電気代が高いけれど
快適さと安全性を求めるのであれば最高の暖房機器と言えます。

オイルヒーターの使い方としては
寒冷地にはオイルヒーターだけで部屋を暖めるのは向いていませんが
他の暖房機器と併用すると上手に使い分けることができます

また、オイルヒーターのおすすめの使い方は
タイマー付きのオイルヒーターで
帰宅時間の1時間前から暖房を開始するように設定すれば
暖かい部屋に帰ってくることができる
のです。

そして、オイルヒーターの使い方として
狭い部屋ならきちんと部屋全体を暖めることが可能です。
よって、オイルヒーターの使い方は
自分の部屋の広さや使い分けを上手にすると大変便利なものです。

オイルヒーターの口コミを見てみると・・・

オイルヒーターの購入を検討するときは口コミが気になりますよね。
電気代が高くついてしまうから
オイルヒーターの口コミは悪いことばかりかな?
と思う人も多いです。

ですが、オイルヒーターの口コミを実際に確認してみると
確かに電気代は高くつくことは言っていますが
いいことを書いているものが多い
です。

例えば、オイルヒーターはエアコンと異なって
暖まりにムラができないため足元まで暖かい。
何も燃焼しないので空気がクリーンで気持ちがいい。

子供が生まれてからオイルヒーターがとても便利で活躍している。
タイマー付きはとても便利で時間を計算して
部屋を暖めておくことができる。

このように、オイルヒーターの口コミを見ていると
きちんとデメリットを踏まえたうえで購入することで
快適な生活を送ることが出来ています

よって、オイルヒーターのメリットとデメリットの
両方を確認してから購入を検討すれば大丈夫
なのです。

まとめ

オイルヒーターは1日中つけっぱなしにしていても安全な
暖房機器で部屋の空気を汚さずに部屋全体を暖めてくれます。

ただ、デメリットとしては電気代が高いこと
放熱までの時間がかかること
これらをきちんと知っておくことが大切です。

オイルヒーターは病人、老人、子供に向いている暖房機器で
デメリットを踏まえたうえで使用し、使い方も工夫をすれば
とても便利な暖房機器と言えます

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP