外国為替証拠金取引

いびきを防止する枕といびきをかかないための枕の選び方

いびきを防止する枕

いびきをかいてしまう原因として、枕の良し悪しがあることをご存知でしたか?枕なんてなんでもいいのではないか?枕なんかでいびきを防止できるのかと思うこともあるかもしれません。

しかし、たかが枕、されど枕、枕によって睡眠の質のみならず、いびきをかいてしまうか、かかないで防止できるかまでもが決まるかもしれないのです。

そもそもいびきをかいてしまう枕とは、どんな枕なのでしょう。どんな枕が良くないのでしょうか。

スポンサードリンク

まずは、ポイントとしては、枕の高さが挙げられます。枕の高さがいびきを左右するのです。高さとしては、まず高すぎるものはだめです。いびきの原因になります。

なぜ高い枕がいびきの原因になるかというと、上気道という鼻からのどにかけての空気の通り道があるのですが、そこを塞いでしまうからなのです。また、低すぎるのもだめです。これは口呼吸を誘発します。口呼吸はいびきの原因となるのです。

ですから、枕は高すぎても低すぎてもいびきの原因となってしまうということになります。

また、仰向けに寝てしまうこともいびきを引き起こしてしまう原因のひとつとされています。何故仰向けで寝るといびきが引き起こされてしまうのでしょうか。

仰向けで寝ることによって、舌が下のほうへ落ち込みます。すると上気道が舌によって塞がれてしまいます。その結果、空気が上気道を通るときに、舌が振動し、いびきが引き起こされるというわけです。

でも、仰向けと枕は関係ないのでは?と思うと思います。実は、従来の枕のタイプはほとんどといっていいほど仰向け用です。しかし、ご安心ください。世の中の枕には、横向きに寝るように促す、専用の枕が存在するのです。

スポンサードリンク

このように、いびきを防止するために良い枕選びをすることをおすすめします。

いびきをかかないための枕の選び方

枕は寝るときに重要な役割を果たします。枕があることによって、快適な眠りが得られるのです。ですから、枕は睡眠に必要なアイテムであるといえます。

枕は、睡眠を左右するものです。枕によって、睡眠の質に影響がでます。枕によって、睡眠の質が良くなることがあれば、悪くなることもあります。ですから枕選びは重要です。

枕によって、いびきをかいてしまうかどうかも決まってきます。枕によって、いびきをかいてしまうことがあるのです。それはどのようなときなのでしょうか。

それは、枕が高すぎて、気道が圧迫される時です。枕が高すぎると、首が曲がってしまい、気道を圧迫してしまいます。そのために、喉がせまくなっていびきをかいてしまうのです。

では、いびきをかかないようにする枕の選び方というものはあるのでしょうか。どのような枕の選び方がいびきを防ぐのでしょうか。

まず、やはり枕が高すぎるのは良くないようです。反発が強くて頭が持ち上がってしまう場合など、頭の位置が高くなってしまいます。

それと、低すぎる枕もあまりよくないようです。低すぎる枕は、頭の位置が下がってしまいます。そのために、頭に血がいってしまい、脳が刺激されてしまうのです。

ですから、枕は高すぎず低すぎずちょうどよいものがよいといえるでしょう。そういった枕が、快適な睡眠を促してくれるのです。

ほどよい枕を選んで、良い睡眠が得られると良いですね。睡眠の質は生活に関わっていますので、重要なことであると言えます。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

生活習慣病とも言われている高血圧!正しい血圧の測り方を知り健康になろう
エアコンはダイキンでリモコンが故障で修理するのに互換性はどう?
4分間で1時間分の効果の時短ダイエットはあさイチでも紹介
玄米がよくない?発芽玄米なら?白米よいメリットが多いよ!
クーラー病の症状が便秘や頻尿も?対策や予防法は・・・
正確な温度計と湿度計の設置場所も正しくして原理を守りましょう!
熱中症対策で子供に飲み物は何?オススメのグッズはありますか?
舌根沈下はいびきの原因になりますから対応をしっかりしましょう
熱中症対策は幼稚園や保育園はもちろんですが、遊園地はまた格別です!
若い女性の加齢臭の原因は?どこからどんな臭いする?対策はこれ!
健康寿命とは平均寿命より短く、伸ばす方法は運動と栄養で1位に!
加齢臭と男性ホルモンと皮脂腺と脂肪酸について
接触冷感のメカニズムは?夏の寝具のおすすめと言えば・・・
冷却マットの効果は本当!? 口コミなどからおすすめはどれ?
熱中症対策!ペットは猫・犬・デグー・ハムスター・モルモット

Menu

HOME

TOP