外国為替証拠金取引

ハイノキは鉢で育てることができる 花言葉は誕生花!

ハイノキは鉢で育てることができる

ハイノキは常緑樹の小高木で4月から5月頃に白い花をつけます。

ハイノキは温暖な地方に生育する木なので、寒い地域に住んでいる人はあまり見かけたことがないかもしれませんね。

ハイノキは花言葉が誕生花ということもあって、シンボルツリーとしても人気があります。

シンボルツリーは自宅の庭に植えますが、実は鉢で育てることもできるのですよ。

スポンサードリンク

 
 
ハイノキの移植や植え付けの時期というのは4月から入梅までに行わないといけません。

よって、鉢で育てる人もこの時期に行いましょう。

鉢で育てる人の場合、日当たりや水はけの良いところで育てていきます。

そして、バーク堆肥や腐葉土をいれた土に朝目に植え付けをしてください。

剪定をする場合は暴れた枝やかれている枝を切り落とす程度で大丈夫です。

 
 
ハイノキを鉢で育てる人はプランターでも育てることが可能ですよ。

ハイノキは根が浅いため縦・横4cmあれば育てていくことができます。

ただし、地植えするよりも乾燥しやすいため、株元に植物を植えてあげたりして対策をしましょう。

また、夏はこまめに水やりをしてあげる必要があります。

移植をする場合は、大きめの根鉢にすると失敗が少なくてしみます。

 
 
このように、ハイノキは自宅の庭に植えるだけでなく、鉢で育てることもできるのです。

ただ、地植えにしていたほうが育てやすいということはあります。

スポンサードリンク

鉢で育てるときは注意点をよく守りながら育ててください。

基本的に育てやすい常緑樹なので心配はいりませんが、水やりで失敗する人も多いので注意が必要となります。

ハイノキの花言葉は誕生花

まず、ハイノキの花言葉についてですが、花言葉は誕生花と言われ、新築を立てたときの記念として植える人も多いです。

なので、シンボルツリーとして人気がある常緑樹と言えます。

自然に美しい樹形を保ってくれるのでとても庭に適していると言えます。

また、刈り込んでも萌芽力がとても強いため目隠しや生垣に適しています。

なので、花言葉の意味を重視するのであれば新築の記念にぴったりといえますね。

 
 
ハイノキは生育がとても遅い常緑樹です。

そのため、なかなか大きく育たないので大きくなったらどのようにしようと心配することもありません。

花の特徴としては白い花をたくさんつけてくれて、花冠は5つに深くさけています。

葉の特徴は卵形で互い違いに生えています。

そして波状のぎざぎざがあり、葉の質は薄い皮質、表面は少し艶があります。

 
 
ハイノキは初心者におすすめの常緑樹で耐暑性で日陰にも強いです。

そして、耐湿性で萌芽力があります。

なので、ガーデニングがわからなくても新築のシンボルツリーとして選択しても問題がなくすくすくと成長してもらうことができます。

自宅と同じだけ歳を重ねていくので素敵ですね。

もし、新築のシンボルツリーで悩んでいる人がいたらまずは花言葉を見て決めてもよいかもしれませんよ。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP