外国為替証拠金取引

結婚でかかるお金は結納、挙式、披露宴、新生活でどのぐらい?

結婚って結納、挙式、披露宴があって新生活が始まりますが
いったいいくら費用がかかるのでしょうか?

およそかけているお金についてゼクシィが調査したりして
いますから、それを参考にしてお知らせします。

もちろん、これを全部を自分たちが用意するとは限りません。

スポンサードリンク

結婚するなら結納をするのにかかる費用は?

正式に行うのなら仲人をたてて結納をすることになりますが
最近は仲人をたてるのは、ごく稀な結婚式です。

それでも結納はするという結婚は多いですし
結納という形式は行わないけど、食事会をするのは
ほとんどの方がしています。

そして食事会であっても、その機会に婚約を記念する
贈り物をあげたり、交換をしたりします。
 
 
 
費用は、結納全体では50万円~100万円がかかります。

仲人をたてると、仲人へのお礼を15万円~30万円払います。
 
 
結納を自分たちの家でするというのは稀で、多くは会場を借ります。
結納の会場を借りる場合は10万円~20万円かかりますが
レストランで食事会をする場合は10万円程度で済みます。
 
 
結納金の金額は場所によって違います、東京は意外と安くて、
北海道についで安い方で、関西はそれより20万円ぐらい多いです。
首都圏では80万円程度の結納金になっています。
 
 
結納返しは現金なら半額返しが普通で、品物の場合はさらにその半額といったところです。
 
 
 
婚約の記念にエンゲージリングを男性から女性に贈ったり
二人でお揃いの時計を購入したりします。
これが30万円~50万円がかかります。

挙式と披露宴の費用は結婚で一番の出費です!

当然参加者の数によって金額は比例して変わりますが、
80人程度で250万円~350万円と言われています。

わりと安いのがレストランウエディングで、結婚式場が普通で
高級ホテルやゲストハウスなどは高い傾向があります。
 
 
 
結婚指輪はエンゲージリングより安くて10万円~15万円ぐらいです。

ウエディングドレスが高いのは知られていますが、これも物によって大きく違います。
ちなみに、レンタルドレスの方が30万円とか50万円するのに
オーダーメイドのドレスが10万円~20万円と不思議ですね。

ウエディングドレスを含めて衣装が二人で30万円~70万円程度です。
 
 
 
料理は1人当たり1万円ではかなり節約したと思われます。
だいだい1万円5千円ぐらいが妥当と言われます。

これを奮発して2万円も出せば、まず文句は出ません。
 
 
 
引き出物は、引菓子も合わせて2品か3品を出しますが
人によって品物を変えて出すことが多いです。

費用は5000円~8000円というぐらいです。
 
 
 
装花は会場を華やかな雰囲気にするのに必須ですが
季節の花ならリーゾナブルですが、特にこだわると2倍、3倍の
費用がかかります。

スポンサードリンク

通常は10万円~15万円ぐらいです。
 
 
 
ブーケは通常はお色直しが1回ありますから2つ必要で
費用は5万円~6万円がかかります。
 
 
記念写真は四つ切などの大きなプロが撮った写真がもらえます。
だいたい10万円~15万円を考えておきましょう。
 
 
あとはいろいろなオプションがありますから、その費用も考えておきましょう。
カラオケを有料で借りたり、音楽も無料ばかりとは限りません。

DVDなどを自作しても持ち込み料が必要な場合もありますが
映写する機材もレンタル料がかかります。

ビデオをプロに頼むと、見応えのある物ができるでしょうが
10万円~20万円程度は見ておきましょう。

会場が駅から離れている場合はタクシー代を出す場合は
人数がいれば、数万円はかかります。

遠方からの招待客がいる場合は、交通費や宿泊するのならホテル代
などもかかります。
 
 
 
最後に、結婚式が終わったらハネムーンが待っています。

海外に1週間程度のハネムーンで40万円~60万円ぐらいかかります。
そしてお土産代が馬鹿にならず、10万円~20万円もかかります。

結婚して新生活を始めるとかかる費用は?

新居を購入するのなら数千万円の買い物ですからローンを使うと思います。
頭金がいくらか、両親の援助がいくらかあるかで違ってきますから
その場合は書けません。

借家の場合は、礼金、敷金、仲介手数料はもちろんかかりますが
1ヶ月分の家賃を前払いをすることが多いです。

引っ越しの費用もありますから40万円~60万円程度がかかります。
 
 
 
新居に必要な食器棚、洋服ダンス、ベッド、羽毛布団など
家具や寝具が50万円程度がかかります。

また冷蔵庫、洗濯機、テレビ等の家電も50万円程度かかります。
 
 
 
他には、結婚を報告する葉書を出すと、それを作るのにお金がかかりますし
引っ越しの挨拶の手土産など、何かとかかるお金は10万円以上になることもあります。
 
 
 
ですから新生活を始める費用は150万円~200万円を用意しましょう。

ここまでで新生活を始めるまでの費用を紹介しましたが
全部で500万円程度の金額が出ました。

これを全部を自分たちで払えれば素晴らしいですが
普通は結婚式では招待客から一人当たり3万円程度がご祝儀としてもらえます。
また、両親から援助が数十万円~100万円以上もあることも多いです。

両親が結婚式の費用を全額出してくれる嬉しいこともありますが
その場合は、何かと口を出してくることは覚悟しておきましょう。

まとめ

結婚を決めてから、結婚式を終わって新生活を始めるまでの費用を
概算ですがお知らせしました。

日本の北は北海道から南は沖縄までで、習慣も違いますし
費用もさまざまですから、ここにあげた金額は
平均的なものですから、後はあなたの実情に合わせて
予算を組んでください。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

天神祭は毎年7月24日と25日。場所?花火は?船渡御を市民船で無料!
お盆玉は地域によりますが、いつから始まったの?相場はいくらなの?
結婚式の電報は永遠に残るメッセージを送れるのです!
平塚の七夕祭りは屋台が豊富!車は無料駐車場があるが電車がオススメ
結婚式招待状で欠席を返信でもらうとショックが大きいです(泣)
お盆の新幹線混雑予想!予約で指定席かグリーン席を!自由席なら・・
レストランウエディングでご祝儀の相場は?料理は満足できる?
結婚式の服装は30代男性の親族だったらどうするのがマナーだろうか?
レストランウエディングの服装のマナーは、女性や親族なら!
最悪の結婚式は友人のおかげで修羅場に!最後は破綻する?
結婚式お呼ばれドレスは何色がいい?胸と膝丈がマナーのポイントですね!
結婚式の費用の負担割合は、親が全額負担してくれる?
結婚式招待状の返信は子供連れだといろいろ悩みます
よさこい祭りは8月10日。駐車場は?阿波踊りより盛ん?雨だけは負けます!
七夕の食べ物はそうめんしかないの?仙台七夕なら食べ物はいっぱいある

Menu

HOME

TOP