外国為替証拠金取引

自己破産で使用中のクレジットカードはどうなるか?クレジットカードを作りたい!

自己破産すると、使用中のクレジットカードは使えるのでしょうか。

自己破産した場合の使用中のクレジットカードについてまとめました。

自己破産しても、クレジットカードを作りたいという場合があるかと思います。

自己破産してからクレジットカードはつくれるのでしょうか。

スポンサードリンク

自己破産で使用中のクレジットカードはどうなるか

自己破産してしまうと、メリットもあればデメリットもあります。

自己破産のメリットとしては、借金がなくなるということですが、デメリットも数多くあります。

 
 
自己破産してしまうと、クレジットカードを使えなくなるというデメリットがあります。

クレジットカードでローンを組むことも不可能となってしまいます。

 
 
では、自己破産によって使用中のクレジットカードは使えるのかという疑問もあります。

自己破産していたとしても、使用中のクレジットカードがあるということがありますが、これは使えなくなってしまうそうです。

 
 
自己破産の際には、使用中のクレジットカードを弁護士に預けることになるようです。

その際、弁護士がクレジットカードを処分するという形になっているのだそうです。

 
 
クレジットカードが使えない期間というのは、決まっています。

クレジットカードを新たに作成できるまでの期間としては、5年であったり7年であったり10年であったりします。

 
 
信用情報機関からは、パソコンなどをつかって情報開示をすることができます。

CICなどの信用情報機関などから記録されているかどうかということを確かめることができます。

 
 
自己破産してしまっても使えるクレジットカードもあります。

スルガ銀行のVISAデビッドカードは、普通預金の残高範囲内で使用可能です。

 
 
現実的には、10年ほど経ってからクレジットカードを使うことになります。

スポンサードリンク

申込ブラックなどになってない限り、クレジットカードは信用情報の記録がなくなれば使用することができます。

 
 
使用中のクレジットカードであっても、つかえなくなってしまうということです。

自己破産でもクレジットカードを作りたい

自己破産してから、クレジットカードが必要となる場合があります。

自己破産後というのはさまざまな制限があり、クレジットカードを作りたいといってもこんなんである場合が多いです。

 
 
自己破産した人がクレジットカードを作りたいということに、否定的な意見をもつ人もいるかと思います。

再び破産するのでは?といった意見も聞かれます。

 
 
自己破産して10年経たないうちにクレジットカードを作りたいという場合もあるかもしれません。

しかし、クレジット会社に作成を断られると、その情報がずっと残り続けます。

 
 
自己破産しても作れるカードは存在します。

スルガ銀行にあるVISAデビッドカードならば、制限がありますが自己破産の免責中でも作れます。

 
 
自己破産した情報というのは、信用情報機関によって記載されます。

信用情報機関というのは3つあります。

その3つというのは、CICと、JICC、全銀協となっています。

 
 
クレジット会社によって、自己破産からカードをつくることのできる期間は限られてきます。

CICとJICCは5年間、全銀協は10年間の間、記録が保持されます。

 
 
CICとJICCは、そのなかでも5年が経てばカードの申込ができるということになります。

しかし、クレジットヒストリーが、カードを作る際に重要であるといいます。

 
 
クレジットヒストリーは、あったほうが有利となります。

クレジットヒストリーは、ショッピングローンによって履歴が残ります。

携帯の分割購入が有効だそうです。

 
 
自己破産後のクレジットカードを作りたい場合、いろいろと方法があるということです。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP