外国為替証拠金取引

バイクなどの事故の事故示談金と自賠責の請求について

バイクで事故に遭ってしまうこともあります。

事故示談金はどのようにして決めればよいのでしょうか。

また事故に会ったとき、自賠責保険からどのくらいの補償が出るのでしょうか。

自賠責は車、バイクなどは必ず加入しなければならないものです。

スポンサードリンク

バイクなどの事故の事故示談金

バイクなどで事故に遭ってしまう場合があると思います。

バイクなどで事故にあってしまった後、ひと段落したら事故示談金などの話になるかと思います。

 
 
事故示談金と慰謝料は違うものです。

自己示談金と違い、慰謝料というのは苦痛に対する賠償なので払って欲しい額を請求することができますが、認められることは少なく、相場を知ることが必要です。

 
 
自賠責法による慰謝料の計算方法があります。

自賠責法では、一日あたりで4200円の支給があります。

これに治療の期間をたします。

 
 
自賠責法による計算の治療期間には、二つの計算方法があります。

ひとつは、入院期間+通院期間となります。

もうひとつは、実通院日数です。

 
 
自賠責保険は、最高で1,200,000円までしか出ません。

1,200,000円を超えるようになった場合には、任意保険か、加害者に請求することになります。

 
 
実通院日数というのは、入院期間に、通院期間の中で実際に病院に通った日数を足した数となっています。

 
 
弁護士会基準による慰謝料の計算方法は単純なものです。

入院慰謝料+通院慰謝料という単純なものとなっていますが、慰謝料額が細かく定められています。

 
 
弁護士会基準で慰謝料を計算したいという場合もあるかと思います。

複雑なところがあるので、弁護士に相談すると良いかと思います。

スポンサードリンク

 
 
事故示談金を決めるには、ある程度知識が必要ということです。

事故による自賠責の請求について

自賠責は、事故があった際に補償がされます。

自賠責で保証される額には限度があります。

任意保険を使いたくないという場合などに補償を受けることができます。

 
 
自賠責保険への加入は、自動車やバイクは必須となっています。

自賠責保険は、必ず加入しなければならなくなっているので、強制保険ともいわれています。

 
 
自賠責は、対人事故に適用されます。

人に対して補償されるようになっているので、対物事故などによる故障した車の修理代などは出ないようになっています。

 
 
自賠責には、過失相殺が基本的にはありません。

自賠責の大きな特徴であるといえます。

ただし、被害者の過失が7割を超えた場合、2割の重過失減額などがあります。

 
 
自賠責から支払われる補償額には種類があります。

傷害で120万円、死亡で3000万円、後遺症で75万円~4000万円となっています。

 
 
自賠責の請求の方法はふたつあります。

被害者請求と加害者請求というものです。

被害者が加害者の自賠責に請求するのが被害者請求で、加害者が自身の自賠責に請求するのが加害者請求となっています。

 
 
一括払いという支払い方法があります。

一括払いというのは、任意保険が全額支払い、自賠責から、賠償額を回収するという支払い方法となっています。

 
 
加害者が自賠責未加入であるという場合もあるかと思います。

加害者が自賠責未加入であるという場合、加害者本人から請求するか、任意保険からということになります。

 
 
自賠責保険を請求するのに必要な書類などもさまざまなものがあります。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP