外国為替証拠金取引

交通事故の慰謝料について、そして示談金とはなにか

交通事故で、慰謝料を請求するときなど、どの程度の相場があるのでしょうか。

慰謝料は、どのようにして決めていくものなのでしょうか。
また交通事故の示談金と慰謝料は違うものです。
示談金と慰謝料は、どのようにして決めれば良いのでしょうか。
その算出方法についてまとめました。

スポンサードリンク

交通事故の慰謝料について

交通事故などでは慰謝料を支払うことになります。

慰謝料は、どのような金額でも請求できるものですが、相場というものが決まっています。

 
 
交通事故の種類によって、慰謝料の相場というのは変わってきます。

交通事故の慰謝料は、精神的な苦痛だけではなく、さまざまなことを考慮することによって決められます。

 
 
自賠責保険では、一日に一定の額が支給されます。

自賠責法による慰謝料の請求の方法としては、一日に出る金額4200円に治療期間というものを足します。

 
 
自賠責保険は、出る額に上限があります。

1,200,000円まで出ることになっており、それ以上の金額については、任意保険か加害者の自己負担となってきます。

 
 
慰謝料を弁護士に相談する場合もあります。

弁護士会基準による慰謝料もあります。

その計算式としては、入院慰謝料+通院慰謝料となっています。

 
 
弁護士基準の慰謝料には特徴があります。

まず、通院期間が不規則であったりする場合、実際に通院した日数の3.5倍を通院期間とすることです。

 
 
交通事故で、被害者が亡くなるという場合もあります。

その場合、交通事故の手続きのほかにも遺産相続の手続きなども行うことになります。

 
 
交通事故にあった際、自賠責保険に加入していない場合があります。

その場合には、加害者は慰謝料は自己負担となってきます。

スポンサードリンク

 
 
慰謝料は金額によっては認められないこともあります。

そのため、慰謝料は相場に沿って決めなければいけないことです。

慰謝料と示談金とはなにか

交通事故に遭うと、示談金や慰謝料について決めなければいけません。

示談金と慰謝料の違いがよくわからないという人もいるかもしれません。

 
 
示談交渉は、被害者の怪我が治ってから行うようになっています。

なぜ被害者の怪我が治る必要があるのかというと、通院費や入院費の計算ができないからです。

 
 
慰謝料というのは、精神的な苦痛に対して支払われるものです。

慰謝料の金額としては、自賠責法などで決められているものなどがあり、相場が決まっています。

 
 
慰謝料は、自賠責からある程度補償されます。

自賠責から補償される額は決まっています。

例えば、傷害の場合には、最大で120万円補償されます。

 

 
示談金は加害者と被害者が決める金額です。

示談金には慰謝料も含まれます。

そのほかには、生活補償金、怪我の治療の通院治療費などが含まれています。

 
 
示談金の交渉は、本人同士でおこなうことは少ないそうです。

示談金の交渉は、保険会社で行うということが多くなっています。

 
 
自賠責保険に加入している場合、一日に4200円が支給されるようになっています。

傷害の場合には、どのくらい治療費がかかったとしても120万円以上はでないようになっています。

 
 
自賠責保険で、保険金が支払われないというケースもあります。

自賠責保険は、車が運行していることが必要となってきます。

 
 
慰謝料と示談金はこのように違うものであるといえます。

慰謝料は、精神的苦痛に対する金額、示談金は慰謝料などを含む金額です。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP