外国為替証拠金取引

自動車の自賠責の保険は強制保険。では加害者が自賠責だったらどうなるか

自動車の保険には、自賠責保険と任意保険のふたつがあります。

自動車の自賠責保険は、加入が必須となっており、強制保険といわれます。
自賠責は必ず加入しなければいけないものですが、自賠責に未加入という場合もあります。その場合はどうなるのでしょうか。

また加害者が自賠責だったら、どのくらいの補償が出るのでしょうか。

スポンサードリンク

自動車の自賠責の保険について

自動車は自賠責保険の加入が必須となっています。

自動車だけではなく、バイクも自賠責保険必須となっています。

自賠責保険はかならず加入しなければならないことから、強制保険といわれます。

 
 
自動車の自賠責保険は、補償が対人に限られています。

対人に対しては補償は出るようになっていますが、対物事故に対しては補償は出ないようになっています。

 
 
自賠責保険には、支払い限度額があります。

たとえば、傷害だと120万円、死亡は3000万円、後遺障害は、程度に応じて75~4000万円となっています。

 
 
ほとんどの場合は、加害者が賠償責任を負うことになります。

被害者が100%過失があった場合は別ですが、そのような場合は希であるといえます。

 
 
自賠責保険は、未加入の場合罰せられます。

自賠責に未加入であるということが発覚した場合、罰金50万円以下、または懲役1年以下となります。

 
 
交通事故にあった際、加害者が自賠責に加入していないという場合があるかと思います。

その場合、任意保険か、または加害者がすべて自己負担という形になります。

 
 
自賠責の加入は簡単に行えます。

自賠責の加入ができるところは、損害保険会社や、コンビニ、インターネットなどもあります。

車、バイクの販売店などでも取り扱っています。

 
 
自動車の自賠責の加入には、必要な書類を揃えなければなりません。

車検証、自賠責保険証明書が必要となります。

 
 
自賠責保険証明書の携帯は必須となっています。

強制保険の自賠責保険について

自賠責保険は、かならず加入するものです。

必ず、自動車やバイクであれば自賠責保険には加入しなければいけないことから強制保険とよばれています。

 
 
自賠責には必ず加入しなければなりませんが、何らかの理由によって、未加入という場合もあります。

自動車は車検があるので自賠責保険に入っていることは多いです。

 
 
しかし、バイクの場合、250cc以下は車検がありません。

ですので、自賠責保険に加入していないのは、250cc以下のバイクということになります。

スポンサードリンク

 
 
強制保険である自賠責保険に未加入であるという場合、罰則があります。

罰則としては、懲役1年以下、罰金50万円以下となっています。

また、不所持でも罰則はあります。

 
 
無保険での運転だと、免許停止となってしまいます。

交通違反ということで、違反点数6点となります。

そのため自賠責保険には加入している必要があるのです。

 
 
自賠責に未加入で、交通事故を引き起こしてしまうことがあります。

自賠責未加入の場合、慰謝料は自己負担で支払うこととなってきます。

 
 
しかし、任意保険に加入しているという場合があるかと思います。

しかし、任意保険に加入していたとしても支払われるのは自賠責保険の保証限度額となります。

 
 
自賠責の加入方法にはさまざまなものがあります。

郵便局のほか、インターネットやコンビニなどでも自賠責は加入することができます。

 
 
強制保険なので、有効期限を確認するなど徹底するべきであるといえます。

加害者が自賠責だったらどうなるか

自賠責は、必ず加入しなければいけないものです。

さまざまな自動車やバイクなどで公道を走るためにも、自賠責保険には必ず加入しなければいけません。

 
 
交通事故が起きてしまう場合があります。

交通事故が起きると、加害者は、慰謝料などを支払わなければなりません。

慰謝料は事故のタイプによって額が違います。

 
 
加害者が自賠責だったら、保険料がおります。

加害者が自賠責だったら、補償される額としては、死亡事故で3000万円、後遺障害4000万円、怪我120万円となっています。

 
 
保険に入っている間、複数回の事故を起こしてしまった場合もあります。

上記の補償は、ひとりあたりの補償額となっています。

事故一回ごとに支払われるようになっています。

 
 
加害者が自賠責だったら補償がおりますが、加害者が自賠責未加入であるという場合があります。

加害者が自賠責未加入の場合、慰謝料は自己負担、任意保険からとなります。

 
 
加害者が自賠責保険のみ加入しており任意保険には加入していないという場合があるかと思います。

その場合、十分に補償されないという場合があります。

 
 
その場合、治療費を抑える方法があります。

治療費を抑える方法としては、健康保険や労災を使うことによって治療費を抑えることです。

 
 
ひき逃げなどで相手がわからない場合があります。

任意保険に加入している場合、補償される場合があります。

 
 
自賠責の保険金の請求には期限があります。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP