外国為替証拠金取引

原付などの交通事故の損害賠償と事故示談金について

原付で交通事故にあった時の損害賠償というのはどのようになっているのでしょうか。
その支払い額はどのくらいかについてまとめました。
原付で対人事故が起きた場合、どのような慰謝料となるのでしょうか。
事故示談金についてまとめました。

スポンサードリンク

原付などの交通事故の損害賠償

原付などで交通事故に遭ってしまうという場合もあります。

原付や自動車で交通事故を引き起こしてしまったという場合には、損害賠償責任があります。

 
 
その場合の損害賠償というのは、どのくらいの支払い額となるのかが気になります。

自転車に乗っていて車と正面衝突を引き起こしたという場合、(積極損害+消極損害+慰謝料)x相手の過失割合となります。

 
 
そのなかの、積極傷害というのは、被害者が支払うことになった金額のことを指します。

治療費、通院交通費、入院費など、さまざまなものが積極傷害となります。

 
 
消極障害というのは、事故がなければ将来得られた利益のことを指します。

治療のために休業した減収、後遺症、死亡による逸失利益などがあてはまります。

 
 
慰謝料は、次の3つの場合に限られます。

障害慰謝料、後遺症慰謝料、死亡慰謝料の3つです。

障害慰謝料というのは、入院、通院した場合の慰謝料となります。

 
 
被害者が自転車や原付に乗っている場合などがあります。

自転車などの損害が生じたという場合、これは物損事故ということになります。

 
 
損害賠償請求権には、時効があります。

損害賠償請求権の時効としては、3年となります。

ただし、損害保険会社への請求権は2年となっています。

 
 
加害者の過失割合によって、損害賠償の額は決まります。

被害者にも、加湿があるという場合があります。

スポンサードリンク

その場合、過失相殺が行われることになります。

 
 
自賠責で支払われる損害賠償には限度があります。

原付の事故示談金について

交通事故を引き起こした場合、事故示談金の取り決めをするかと思います。

原付で交通事故を引き起こしてしまうといった場合など、さまざまなケースがあるかと思います。

 
 
事故示談金と慰謝料は違うものです。

慰謝料というのは、精神的苦痛を金銭にした額のことをいいます。

慰謝料は、どのようにして算出するかという計算方法があります。

 
 
事故示談金は、慰謝料のほかにもさまざまなものが含まれます。

事故示談金で含まれるのは、慰謝料のほかには交通事故によって生まれた損害すべてがあります。

 
 
原付なども自賠責に加入する必要があります。

原付のほかにも、自動車やバイクであれば必ず自賠責に加入する必要があります。

自賠責保険証明書は携帯必須です。

 
 
原付には車検がありません。

そのため、自賠責の有効期限が過ぎているという場合なども多くあります。

原付の自賠責の有効期限が過ぎていると、罰則があります。

 
 
自賠責保険の保険料の額は決まっています。

どのような補償があるのかというと、死亡で3000万円、後遺障害で75万から4000万円、傷害で120万円となっています。

 
 
自賠責に加入していないと、デメリットがあります。

デメリットとしては、自賠責の未加入が発覚することによって懲役1年以下または罰金50万円以下の罰則があることです。

 
 
原付の自賠責は、さまざまなところで申し込むことが可能となっています。

インターネットやコンビニも利用できます。

 
 
慰謝料には相場があるので、弁護士に相談します。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP