外国為替証拠金取引

洋風のガーデニング:育てやすい木はどれ?庭の条件は合わせて確認

ガーデニングには洋風や和風など色々な庭にアレンジすることができますが、ガーデニングを行うなら育てやすい木を植えたいものですよね。

庭木を選ぶときは育てやすい庭木がおすすめです。
また、庭木を選ぶポイントもありますので、合わせて選んでみましょう。

そこで、今回は洋風の庭に合う育てやすい木について選び方のポイントもご紹介します。

スポンサードリンク

洋風のガーデニング:育てやすい木はどれ?

自宅の庭を洋風にしたいと思う人は多いです。

ガーデニングは植える木や花によって洋風や和風にアレンジすることができます。

なので、おうちの雰囲気に合った植物たちを選ぶことがとても大切になってきます。

また、せっかく植えた木も枯れてしまうと台無しになりますよね。

なので、育てやすい木を使って洋風の庭にする方法をご紹介します。

 
 
洋風のガーデニングをしたい人で、育てやすい木でおすすめなものはソヨゴです。

これは、常緑の小さな葉っぱと自然な樹形がとても素敵な木で洋風の庭にとてもぴったりな木なのです。

さらに、害虫に大変強いため、とても育てやすい木でもあるのです。

花は6月頃に白くて小さな花が咲きます。

秋になると1~2個の実が長い枝に垂れるようにつくのです。

 
 
ソヨゴの特徴としては、夏の暑い日差しが苦手であり直射日光を防ぐ場所に受けることがポイントとなります。

また、実をつけたいのであれば、雌雄異株の2本を植える必要があります。

大きくなりすぎないようにしたいときは秋に剪定をしてお好みの大きさに保つことができます。

 
 
このように、ガーデニングで植木などの種類をきちんと選べば、自宅の庭を洋風にすることができるのです。

モミジなどは日本の和というイメージがありますよね。

なので、どのような植木や花を使ってガーデニングをするかはあなた次第ということになります。

スポンサードリンク

自分の自宅や庭の雰囲気に合わせてガーデニングを楽しみましょう。

まずは育てやすい木や花などから挑戦して色々な種類に挑戦していきましょう。

育てやすい庭木と庭の条件は合わせて確認

自宅の庭に庭木を植えたいけれど何を植えればよいのかよくわからないという人は多いです。

そのような時は育てやすい庭木を選び、それと一緒に庭木を選ぶポイントも確認することが大切です。

このどちらも取り入れることで自宅の庭木を楽しむことができると言えます。

庭木があることで季節を感じることもできますし、癒される空間を作ることができます。

 
 
まず始めに庭木を選ぶポイントとしては、植える庭木が成長したらどのくらいの大きさになるのかを確認する必要があります。

狭い庭で庭木が大きくなりすぎたら大変ですからね。

次に、庭の環境に合った庭木を選ぶことが大切です。

そうしないと庭木が枯れてしまう可能性があります。

そして、庭木の目的も明確にしておきましょう。

 
 
あと気をつけることは葉の色や花の色、庭の全体のバランスを考えることが大切です。

そこから育てやすい庭木を選んでいきましょう。

おすすめの育てやすい庭木は、オリーブやエゴノキ、ブルーベリー、ハナミズキなどがあります。

花がなったり、実がなったりすると季節感を感じることができますし、実でしたら食べることができるので収穫の楽しみも得ることができます。

 
 
他にも育てやすい庭木は、常緑ヤマボウシやソヨゴ、ギルドエッジなどがあります。

どの庭木もそれぞれ特徴がありますので、自宅の庭の環境にあうかは必ず確かめましょう。

これで自宅の庭木も元気よく育っていってくれます。

環境が少しでも異なると花がつくはずに庭木で花が咲かなかったりします。

なので、庭の条件はとても大切だと言えます。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP