外国為替証拠金取引

自賠責保険の補償料が少ない!慰謝料が保険の補償額だけでは足りません!

バイク乗りにとって一番怖いのは事故を起こすことと遭うことだと思うんです。

起こした場合の自賠責保険の補償料が少ないって結構知らない人が多いんですよね。

先日車を運転中に自転車と接触事故を起こしてしまい慰謝料を支払うことになったのです。

しかし自賠責保険にしか加入していなくて今凄く大変なことになっています。

スポンサードリンク

自賠責保険の補償料が少ないってご存知でしたか?

先日バイクに乗っていた友人が事故に遭ったらしく、大変な目に遭ったという話を本人から聞きました。

しかし詳しく聞いてみると、どうやら事故を起こしたのは友人の方であって、だったら嘆くのはお門違いじゃないか?と呆れてしまったんです。

さらに彼は自賠責保険の補償料が少ないんだとも言っていました。

どうやら任意保険に加入していなかったようで、相手に支払う賠償金の示談で今ちょっと揉めているようなんですね。

 
 
友人曰く、ないところからお金は払えないとのことなんですが、そんな理由がまかり通るならそもそも保険なんてシステムは存在しません。

離婚の際にお金がないから相手に慰謝料を払えないとかって話とはわけが違いますし、今回の場合は被害者である相手側がいまだ病院に通院しているうえに乗っていた自転車も滅茶苦茶になったとのことなので、支払う額は結構大きいと思うんです。

 
 
しかし友人が言っていたように、確かに自賠責保険の補償料が少ないので、自賠責にしか加入していない人にとっては大きな事故が最も怖い存在でしょうね。

そもそもバイクは自動車と比べて圧倒的に事故率が高いわけですから、バイク乗りにとって事故は非常に恐ろしい存在とも言えます。

この場合、事故率が高いと分かっていて、予め任意保険にすら入っていなかった友人の方に非があるのは確かです。

 
 
早い話が、被害者側から提示されている賠償金を支払えないというのが友人の今回の悩みなんでしょうけど、当然自賠責の補償枠内では済まされない額であることは間違いありません。

スポンサードリンク

この際親族などに相談をしてお金を借りるなりしてなんとか揃えないと、訴えられたらあとあと面倒だよって言ったのですが、本人が今相当悩んでいるのでどういった行動に出るのかはちょっと私には分かりません。

相手の慰謝料が自賠責保険の補償額だけでは足りません

車を運転し始めて早10年以上が経ち、もともと車が好きだったこともあり今では運転がかなり上手い部類だとは思っています。

なので免許とって車を初めて購入した当初はとりあえず加入していた任意保険も、5年前からもう加入していないんです。

しかし先日事故を起こしてしまい、相手側に慰謝料を支払わないといけなくなったのですが、こういうときに限って自賠責保険にしか加入していないせいで、今ちょっと大変なことになっています。

 
 
相手は横断歩道を渡っていた自転車でした。

私が前方注意を怠って、止まれマークがついていたにもかかわらず一時停止を無視して直進してしまったのがそもそもの原因だったんです。

勿論私の方に非があるわけですが、相手が私の車とぶつかって弾き飛ばされた際に乗っていた自転車の下敷きになったせいで、どうやら足の複雑骨折と全身打撲をしたようなんです。

 
 
自転車も滅茶苦茶になってしまったので、その修理代も出さなければならないし、病院の通院費なども必要ですよね。

これらはすべて慰謝料とは別途に用意しなければならないのですが、支払い自体は全部まとめてという形にするつもりです。

ただ自賠責保険だけだと補償額がそこまで高く設定されていないので、どうみても自賠責保険の補償枠内では足りないんです。

 
 
勿論足りない分は自腹でどうにかするしかないんですけど、こういうときに任意保険に加入していたとしたら凄く助かっていたはずなんですよね。

まさか今頃になって任意保険に入っていないことを後悔する日がくるなんて、想像もしていなかったことですから、もう後悔しても遅いんですけれども、自力でお金を用意できるかどうかが今は凄く心配なところなんです。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP