外国為替証拠金取引

サンタンカの日常の手入れ・剪定・育てるポイントとコニファーを中心のとおしゃれ

ガーデニングを楽しんでいる人で、サンタンカを育てようと考えている人もいますよね。

育てるのは難しくないのですが寒さに弱いので気をつけることが必要です。

また、剪定の仕方も基本を押さえないといけませんのでそれぞれについて学んでみましょう。

自宅の植木でコニファーを中心にシンボルツリーとしている人も多いです。

コニファーを中心的にすると自然な目隠しにすることもできますし、おうちの雰囲気を素敵にしてくれたりします。

そこで、コニファーを上手に取り入れる方法をご紹介します。

スポンサードリンク

サンタンカの日常の手入れ・剪定・育てるポイントについて

ガーデニングを行っている人でサンタンカを育てようと思っている人はいませんか?サンタンカを育てる難易度は普通で特に難しいというわけではありませんが、耐寒性がなく寒さに弱いものです。

そのため、置き場所の移動が必要となり鉢植えが基本となるのです。

そして、サンタンカの選定によっても成長の仕方が分かってくるものなのです。

よって、今回はサンタンカの日常の手入れの仕方から剪定、育てるのに必要なポイントをご紹介します。

 
 
サンタンカを形の良い樹姿にしたければ剪定を正しく行うことが必要となります。

サンタンカの選定は春から夏にかけて行い、剪定の適期は花後すぐで、1~2節を残して枝を切り戻すのです。

また花をつけない枝を付け根から切り取ると新しい芽が出やすくなります。

そして、枝が長く伸びてきたものは先端をカットすることできれいな形にすることができるのです。

 
 
置き場所は基本的に1年を通して日当たりのよい場所を育てていきます。

そして、水やりや肥料のポイントは春から秋は土の表面が乾いていたらたっぷりと水を与えてください。

開花期に水切れにしてしまうと寿命が短くなるのです。

肥料は春から秋にかけて固形の肥料を2ヶ月に1回あたえていきます。

これで、すくすくと成長してくれます。

 
 
このように、サンタンカというものは春から秋にかけて生長をして冬が苦手なので生長をお休みします。

スポンサードリンク

なので、この特徴をきちんと把握しておくことによって、花の寿命をかえることになるのです。

そして、アブラムシやカイガラムシの病害虫にかかりやすいので、見つけた時は駆除をすることも大切です。

これらのポイントを抑えることでサンタンカを上手に育てていくことができます。

シンボルツリーはコニファーを中心にするとおしゃれ

自宅の植木で悩んでいる人はいませんか?シンボルツリーを植えたいけれど、それだけだと家の周りや庭が寂しいような感じがすると思う人もいます。

シンボルツリーは記念樹として植えるものですが、必ずしも1つだけ植えるというものではありません。

シンボルツリーをコニファー中心にすると自宅の周りの木を統一することができますし、ガーデニングと合わせて全体を上手にまとめることができます。

 
 
そもそもコニファーというのは、針葉樹の総称で、厳密にいえば裸子植物が丸みを帯びた実をつけるのでコニファーと言われています。

日本では園芸用の品種をさすことが多いです。

このコニファーは洋風住宅にとてもマッチしており、洋風住宅が多いところに住むでしたら街の景観にもよく合いますので、コニファー中心としてこれをシンボルツリーにすれば上手にガーデニングを始めることができます。

 
 
コニファーはここではご紹介しきれないくらい様々な品種があります。

よって、自宅の雰囲気にマッチするものを選ぶことが必要です。

葉っぱの色も違えば大きさや木の広がり具合も全く違いますので、ずっと植えている木なので慎重に選ぶようにしましょう。

コニファーを中心としたシンボルツリーは、自宅の周りの同じ感覚で植えると木が成長するとともに自然な目隠しになります。

 
 
また玄関の入り口に植えれば門のようにすることができますし、庭にシンボルツリーとして植えてもおしゃれです。

なので、コニファーは色々な植え方がありますので、自分がどのように植えたいのかフォトギャラリーなどでイメージしてみるとよいでしょう。

これで素敵なガーデニングを楽しむことができます。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP